残業時間上限とは【IT企業の残業問題は解決されるのか】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IT企業で働いているけど残業が多くて辛い。今の現場がブラックか知りたいから、残業時間の上限が何時間か教えてほしい。

システムエンジニアがこの悩みにお答えします。

残業時間の上限が、2019年4月から施行される「時間外労働」で変わりました。いわゆる「働き方改革」の一環になります。IT企業でもこの動きを受けて残業時間の見直しをしている会社が多くなりました。

この制度は大企業と中小企業で実施時期が異なります。

  • 大企業は2019年4月から
  • 大企業は2020年4月から

IT業界は残業が多いことで有名です。

残業時間の上限を理解することで、今のあなたの会社の残業時間が多すぎないかを知ることができます。

これからはIT業界も残業時間を改善していくはずなので、転職などの参考にして下さい。

IT業界の残業時間上限の問題点

まず、簡単に残業時間の制度についてとIT企業の問題点について説明します。

残業時間は、労働基準法で1日8時間、1週間40時間の制限を超えて働くことを意味します。

1日10時間だと1週間で50時間働き、10時間の残業したことになります。

ちなみに残業時間については、36協定で以下のように上限となっていました。

期間 36協定で定められた残業時間
1週間 15時間
2週間 27時間
4週間 43時間
1ヶ月 45時間
2ヵ月 81時間
3ヶ月 120時間
1年 360時間

ですが、残業時間の上限を撤廃できる条件があるなど、曖昧なところもあり長時間残業が可能になる抜け道がありました。

IT業界も繁忙期などは、この残業時間上限を適用しないことも多く、実質あってないような制度でした。

では、この残業時間の上限がどう変わるのでしょうか。

改正後の残業時間の上限はどう変わる【IT業界への影響】

では、改定後の残業時間の上限はどう変わるのでしょうか。

原則としては、月45時間・年360時間で、残業時間の上限は変わりません。

ただ今回の改定で大きく変わったのは以下のことになります。
<ul

  • 年720時間以内
  • 複数月平均80時間以内
  • 月100時間未満

僕も経験したことがありますが、IT業界では月100時間以上の残業も普通にありました。

こうしたIT業界で良くある事例は、今回の残業時間上限の対象になります。

残業時間の上限を超えた時の罰則は

では、残業時間の上限を守れなかったときの罰則はどうなるのでしょうか。

半年以下の懲役か30万円以下の罰金

この罰則をどう捉えるかは企業や経営者次第ですが、もし、あなたの残業が上限時間を超えていたら、すぐに会社に伝えるべきでしょう。

IT企業でもこの制度を受けて、残業時間の調整をする企業が増えてきました。

ですが、未だに長時間残業に苦しんでいるエンジニアも多いです。

将来的に変わっていくことを期待していますが、ブラック企業はあの手この手で残業させようとするので根本的な解決ができるかは企業次第といえるでしょう。

IT業界で残業時間に苦しんでいるなら転職も検討すること

残業時間が多いIT系ブラック企業は、その体質を変えることはなかなかありません。

国の方針で残業時間の制限ができても、タイムカードを無理やり押させたり、みなし残業にするなど抜け道を使う企業もあります。

もしあなたがIT企業で働いていて残業時間に苦しんでいるのであれば、IT業界で他の会社に転職することも検討して下さい。

今は働き方改革もあり、残業時間がないホワイトIT企業や、残業を減らしているIT企業が増えています。

ブラック企業にいても変わらないので、より良い条件の会社を探すのが一番幸せになれる方法です。

ただしハローワークなどで転職活動をすると、ブラック企業に当たる可能性があります。

転職活動をするなら、ブラック企業の情報が豊富なIT系に強い転職エージェントに登録してください。

転職エージェントのメリットは、ハローワークなどの求人には出ない条件の良い非公開求人を紹介してくれることです。

僕も転職の時に、自分のスキルを思った以上に評価して頂き、良い条件のIT企業に転職することができました。

実際に転職エージェントを利用することで、残業時間がほとんどない優良企業や、土日祝日が完全休みのホワイト企業に転職することができます。

IT業界の転職で役立った転職エージェント

4回の転職で分かったこととして、IT業界は転職エージェントを使わないと失敗します。

ITの求人はたくさんあり未経験でも転職できるのですが、ブラック企業も多くリスクが隣り合わせです。

また、転職は求人探しから書類・面接対策と、一人で行うには負荷が高すぎるため、途中で妥協してしまいます。

転職エージェントに登録することで、以下のように転職活動を最大限にサポートしてもらえるので利用しないのは大損です。

・完全無料でIT転職を支援
・未経験でも条件の良いIT企業を紹介
・経験者なら好条件の非公開求人を紹介
・履歴書・職務経歴書・面接を丁寧にサポート
・企業と給料などの交渉

実際に僕が利用して本当に役立った転職エージェントを紹介します。

type転職エージェント

type

POINT

・IT系の求人に強い
・登録~内定まで完全無料
・一人一人に対して丁寧なサポート
・キャリアアップの提案をしてもらえる
・首都圏・中部・関西の転職に強い

どちらかというと経験者向けなのですが、type転職エージェントはIT系の好条件求人が多く、書類選考や年収交渉を頑張ってくれるエージェントです。

特に凄いのが担当アドバイザーのサポートの質で、僕のキャリアプランを本当に良く理解して提案してもらえました。

スキルアップを目的としていたのですが、管理職の提案などもしてもらえて、将来のことも考えることができました。

サポートが首都圏・中部・関西というデメリットはあるのですが、IT系の転職であれば絶対に登録することをおすすめします。

ただ案件数は大手ほどではないので、大手転職エージェントと併用することをおすすめします。

僕は条件の良い案件を大手エージェントで見つけて、それをtypeの担当に伝えてプッシュしてもらいました。

交渉力が強く、企業の担当へプッシュしてもらえるので採用の確立が本当に高くなります。

type転職エージェント
▲登録無料!丁寧なサポート▲

doda

doda

POINT

・登録~内定まで完全無料
・未経験向けの非公開求人も提案
・履歴書・職務経歴書・面接の丁寧なフォロー
・給料や入社時期の交渉

経験者・未経験者どちらにも対応できる転職エージェントで、求人の量と質ともに満足度がとても高かったです。

営業力があるようで、とにかく新しい求人を持ってくるのが早く、どんどん提案してもらえました。

希望した求人もちゃんと提案してくれますし、大手だけにIT業界の情報も豊富なので登録しておいて損はないです。

僕がITコンサル系の仕事もしたいと伝えたら、かなり良い条件の企業を紹介してもらえました。

きめ細かいサポートをしてくれるキャリアアドバイサーが多いので、サポート重視の方におすすめです。

doda転職エージェント
▲登録無料!非公開求人多数▲

リクルートエージェント

POINT

・IT系の求人が豊富(未経験も豊富)
・登録~転職まで無料でサポート
・履歴書・職務経歴書・面接を徹底サポート
・給料の交渉を全て任せることができる

全国展開していてIT系の求人が豊富で、未経験者向けの求人も数多く紹介してもらえました。

ここは経験豊富なキャリアアドバイサーが多いので、まずは登録をして、あなたの希望する条件(地域・職種・年収)の求人を伝えてみましょう。

担当のキャリアアドバイザーの方が、条件に合ったものを次々と提案してくれます。

提案された求人には僕のスキルでこんな良い条件に入れるの?と思うようなものもありました。

もし今すぐ転職するつもりがなければ、ゆっくり転職活動したいと言えばゴリ押しはなかったのも良かったです。※他の転職エージェントではありました。

リクルートエージェント
▲完全無料でIT転職支援▲