仕事でうつ病になったら手遅れになる前に転職活動をすべき理由

うつ病と診断されたけど休職するのも不安。うつ病になったら転職したほうが良いのか教えてほしい。

キャリアコンサルタントがこの悩みにお答えします。

うつ病は社会問題にもなっていて、うつ病と診断されて仕事ができなくなる人も少なくありません。ですが、どう対処したらよいかわからず、休職して失敗してしまう方も多いです。

うつ病で仕事を休むと心身のリフレッシュにはなりますが、将来的なデメリットも多いです。

今回は、うつ病になった時(うつ病の疑惑があるとき)にするべき行動について説明します。

スポンサーリンク

仕事が原因でうつ病になったら会社に相談すること

仕事が原因のうつ病としては以下のものがあります。

  • セクハラ
  • パワハラ
  • 激務
  • 上司との相性

どのケースだとしても、原因は会社にあるので、会社側に対応してもらわないと解決できません。

ただし会社が協力的とは限りません。

会社が協力的かなどを知るためにも、うつ病になってしまったら、まず直属の上司に相談しましょう。

会社の対応によって、今後どうするかを判断しなければなりません。

会社の上司に相談する

うつ病になったら最初にすべきことは、会社の上司に相談することです

もし会社の上司がうつ病の原因だとしたら、他の部署や信頼できる方に相談してください。

セクハラ、パワハラ、激務など、うつ病の原因はいくつかあるため、上司(信頼できる人)にうつ病の原因を伝えて下さい。

きちんとした会社であれば、しっかりと対応してもらえるはずです。

上司の対応があいまいだったり、非協力的ならもっと上の上司に相談しましょう。それでもダメなら、改善の見込みはないので転職を検討すべきです。

協力的な企業であれば、配属を変えてくれたり、仕事内容を減らしてくれるはずです。

ですが対応してくれない企業も多いので、その場合は労働基準監督署に相談しましょう。

労働基準監督署に相談する

仕事の問題を相談する場所として「労働基準監督署」があります。

仕事で問題を抱えている人が労働基準監督署を利用するのですが、どうすべきかのアドバイスをしてもらえます。

企業も労働基準監督署からの指摘があれば、原因を突き止めて対応することもあります。

ですが実はうつ病などに対して、積極的に改善しようとする企業は少ないです(形だけは対応しているように見えます)。

労働基準監督署に相談するとアドバイスはもらえますが、結局、改善することはないケースも多いです。

過度な期待はできませんが、会社で対応してもらえない場合は労働基準監督署に相談しましょう。

うつ病と診断されても休職すべきでない理由

会社や労働基準監督署の判断で、精神科医に行って休職になるケースがあります。

ただし注意して欲しいことに、うつ病で休職して改善することはほとんどないことです。

うつ病の休職は心身のリフレッシュにはなりますが、実は将来的なデメリットも多いので覚えておいてください。

・復帰後の会社でまた、うつ病が再発するケースが多い。
・休職期間が長いと仕事がなくなってしまう。
・うつ病で休職すると転職するのが難しくなる。

実は、うつ病が完治して会社に戻って、うつ病が再発するケースもあります。

自宅にいるときは良かったけど、会社の空気に触れたら精神的に辛くなる人が多いのです。

そして休んでいる間に仕事はなくなる問題もあります。

会社側もうつ病になった人に大事な仕事を任せられないと判断するからです。

そして転職しようにも、長い休職期間は企業から敬遠されてしまうのです。

休職は一時的な対応にしかならず、逆に将来のデメリットになるのでおすすめはできません。

うつ病と診断されたら転職活動をしておくこと

うつ病の相談や対策をしている間に、必ず転職活動をしておきましょう。

会社や労働基準監督署に相談しても、本当の意味でうつ病を改善できないことが多いからです。

最終的に医師の診断で休職になり、半年休んで退職した人もいたのですが、休職期間が長く転職にかなり苦戦しました。

もし会社のセクハラ・パワハラ・激務など、うつ病になりそうだったら、すぐに転職エージェントに登録して転職活動を始めて下さい。

現在、うつ病で休職している人も同じで、転職活動を早く始めるほど将来の安定に繋がります。

転職エージェントには担当アドバイザーがいるので、あなたの希望にマッチした求人を紹介してくれます。

またブラック企業対策もしているので、仕事で良くあるセクハラ・パワハラ・激務などのブラック企業に入る心配もありません。

さきほど伝えたように「うつ病」は転職でマイナスになります。ですが転職エージェントなら、書類・面接の対策も丁寧に教えてもらえるので、うつ病だとしてもマイナスにならないよう指導してもらえます。

また、転職理由で「うつ病」を伝える義務はないので、キャリアアドバイザーに最適な転職理由をアドバイスしてもらえます。

もし、うつ病で会社を退職するか休職するか迷っていたり、会社にストレスを感じているなら、早めに転職活動を行いましょう。

IT業界の転職で役立った転職エージェント

4回の転職で分かったこととして、IT業界は転職エージェントを使わないと失敗します。

ITの求人はたくさんあり未経験でも転職できるのですが、ブラック企業も多くリスクが隣り合わせです。

また、転職は求人探しから書類・面接対策と、一人で行うには負荷が高すぎるため、途中で妥協してしまいます。

転職エージェントに登録することで、以下のように転職活動を最大限にサポートしてもらえるので利用しないのは大損です。

メリット
  • 完全無料でIT転職を支援
  • 未経験でも条件の良いIT企業を紹介
  • 経験者なら好条件の非公開求人を紹介
  • 履歴書・職務経歴書・面接を丁寧にサポート
  • 企業と給料などの交渉

実際に僕が利用して本当に役立った転職エージェントを紹介します。

type転職エージェント

type

POINT

・IT系の求人に強い
・登録~内定まで完全無料
・一人一人に対して丁寧なサポート
・キャリアアップの提案をしてもらえる
・首都圏・中部・関西の転職に強い

どちらかというと経験者向けなのですが、type転職エージェントはIT系の好条件求人が多く、書類選考や年収交渉を頑張ってくれるエージェントです。

特に凄いのが担当アドバイザーのサポートの質で、僕のキャリアプランを本当に良く理解して提案してもらえました。

スキルアップを目的としていたのですが、管理職の提案などもしてもらえて、将来のことも考えることができました。

サポートが首都圏・中部・関西というデメリットはあるのですが、IT系の転職であれば絶対に登録することをおすすめします。

ただ案件数は大手ほどではないので、大手転職エージェントと併用することをおすすめします。

僕は条件の良い案件を大手エージェントで見つけて、それをtypeの担当に伝えてプッシュしてもらいました。

交渉力が強く、企業の担当へプッシュしてもらえるので採用の確立が本当に高くなります。

type転職エージェント
▲登録無料!丁寧なサポート▲

doda

doda

POINT

・登録~内定まで完全無料
・未経験向けの非公開求人も提案
・履歴書・職務経歴書・面接の丁寧なフォロー
・給料や入社時期の交渉

経験者・未経験者どちらにも対応できる転職エージェントで、求人の量と質ともに満足度がとても高かったです。

営業力があるようで、とにかく新しい求人を持ってくるのが早く、どんどん提案してもらえました。

希望した求人もちゃんと提案してくれますし、大手だけにIT業界の情報も豊富なので登録しておいて損はないです。

僕がITコンサル系の仕事もしたいと伝えたら、かなり良い条件の企業を紹介してもらえました。

きめ細かいサポートをしてくれるキャリアアドバイサーが多いので、サポート重視の方におすすめです。

doda転職エージェント
▲登録無料!非公開求人多数▲

リクルートエージェント

POINT

・IT系の求人が豊富(未経験も豊富)
・登録~転職まで無料でサポート
・履歴書・職務経歴書・面接を徹底サポート
・給料の交渉を全て任せることができる

全国展開していてIT系の求人が豊富で、未経験者向けの求人も数多く紹介してもらえました。

ここは経験豊富なキャリアアドバイサーが多いので、まずは登録をして、あなたの希望する条件(地域・職種・年収)の求人を伝えてみましょう。

担当のキャリアアドバイザーの方が、条件に合ったものを次々と提案してくれます。

提案された求人には僕のスキルでこんな良い条件に入れるの?と思うようなものもありました。

もし今すぐ転職するつもりがなければ、ゆっくり転職活動したいと言えばゴリ押しはなかったのも良かったです。※他の転職エージェントではありました。

リクルートエージェント
▲完全無料でIT転職支援▲