試用期間とは何ヶ月?退職・解雇などのトラブル対策も説明

試用期間に退職できるか知りたい。試用期間に解雇されたらどうしたらいいの?

キャリアコンサルタントがこの悩みにお答えします。

18歳~30歳の若手に多いのですが、試用期間の間に解雇させられたり、会社が嫌になって辞める人はかなり多いです。

法的に違法のケースもあるため、しっかりと自分のケースを考えて行動することが大事になります。

試用期間で何かしらのトラブルが発生したときに、どう対応すべきかを説明します。

スポンサーリンク

試用期間とは?何ヶ月が一般的なのか

試用期間とは、企業が採用(予定)の人の適性(勤務態度、能力、スキル)を判断する期間とされています。

では、試用期間は何ヶ月位が一般的なのでしょうか。

労働基準法などで明確な定めはありませんが、試用期間は3~6カ月が一般的で、最長1年が限度と解釈されています。まれに1ヶ月のところもありますが注意が必要です。

求人票を見ると、多くの企業で試用期間は3ヶ月~6ヶ月となっています。

採用した人物のスキルや将来性、人柄を見るのに必要な期間なので、普通の企業なら3ヶ月以上は設定するのが一般的です。

ただ、稀にブラック企業などは1ヶ月やそれ以下のところも多く、早く正社員にして残業を多くさせたりするケースもあります。

試用期間が終われば無事、正式採用となるわけですが、試用期間中にトラブルが起こることも良くあるので注意が必要です。

  • 試用期間中に解雇された
  • 試用期間中だけど辞めたい(退職したい)

特に多いトラブルである「解雇」と「試用期間中の退職」について説明していきたいと思います。

試用期間に解雇された!これって違法じゃないの?

試用期間の良くあるトラブルは、会社から解雇されることだと思います。

私も一度、友人が試用期間中に「解雇させられた!」と相談されたことがありました。

試用期間中の解雇については違法の可能性もあるので、まず労働基準監督署や法テラスに相談することをおすすめします。

前提として、企業側は正当な理由がない限り、簡単に解雇はできません。

解雇できる理由としては、以下のものがあります。

  • 経歴詐称
  • 勤務態度が悪い
  • 出勤不良

悪質で正当な理由がある場合、会社は試用期間で従業員を解雇することができます。

ですが、スキル不足や何となく思っていた人材と違かったといった理由で解雇されるのは不当な理由に当たります。

解雇されるにしても、会社から通告があります。

労働基準法上、解雇するには30日以前に解雇予告をするか、日数が足りない場合には不足分の「解雇予告手当」を支払わなければなりません。

参考:ベリーベスト法律事務所

解雇理由が納得できない場合は、労働基準監督署や弁護士に相談となるのですが、解決までは時間がかかりますし精神的に消耗するので覚悟が必要になります。

仮に解雇が覆ったとしても、その会社で働くのに居心地の悪さを感じます。

辛いですが気持ちを切り替えて、解雇の通達があったら新しい会社を探すのがベストな方法です。

ただ解雇させられたからと焦って転職すると、ブラック企業に入ってしまうリスクがあります。

ハローワークや転職サイトは、18歳~30歳までの求人にブラック企業が多く、転職に失敗している人が多いことを覚えておいてください。

試用期間中に退職したい(辞めたい)!どうすればいいの?

採用されたものの、思っていたのと違うから辞めたいと感じて退職する人もかなり多いです。

試用期間中に退職できるかですが不安でしょうが、試用期間中でも退職は可能です。

ただし、労働基準法や企業ごとのルールがあるので、それに違反しないように注意してください。

  • 試用期間中でも即日退職は原則NG
  • 退職予定日の2週間前に申し出を行うこと(労働基準法)
  • 会社の規定があれば従うこと

会社の就業規則を違反していなければ、試用期間で辞めることは全く問題ありません。

合わないのに、せっかく採用されたからと我慢していると、取り返しのつかないことになります。

ただ、キャリアコンサルタントとして、試用期間で辞めるとキャリア的に職歴がネックになることをお伝えしておきます。

短い職歴が必つ増えるのは転職ではマイナスになり、その状態から転職活動がスタートになるので、不利になることは間違いありません。

試用期間で辞めたいと感じたら、転職で失敗しないためにも転職エージェントに相談することを強くおすすめします。

転職エージェントであれば、直接企業に交渉できるので、試用期間中の退職でもあなたのスキルや長所を伝えて採用側を納得させることができるからです。

特に18歳~30歳までの若手は、一人で転職するよりも、好条件で転職できるので活用しないと損します。

IT業界の転職で役立った転職エージェント

4回の転職で分かったこととして、IT業界は転職エージェントを使わないと失敗します。

ITの求人はたくさんあり未経験でも転職できるのですが、ブラック企業も多くリスクが隣り合わせです。

また、転職は求人探しから書類・面接対策と、一人で行うには負荷が高すぎるため、途中で妥協してしまいます。

転職エージェントに登録することで、以下のように転職活動を最大限にサポートしてもらえるので利用しないのは大損です。

メリット
  • 完全無料でIT転職を支援
  • 未経験でも条件の良いIT企業を紹介
  • 経験者なら好条件の非公開求人を紹介
  • 履歴書・職務経歴書・面接を丁寧にサポート
  • 企業と給料などの交渉

実際に僕が利用して本当に役立った転職エージェントを紹介します。

type転職エージェント

type

POINT

・IT系の求人に強い
・登録~内定まで完全無料
・一人一人に対して丁寧なサポート
・キャリアアップの提案をしてもらえる
・首都圏・中部・関西の転職に強い

どちらかというと経験者向けなのですが、type転職エージェントはIT系の好条件求人が多く、書類選考や年収交渉を頑張ってくれるエージェントです。

特に凄いのが担当アドバイザーのサポートの質で、僕のキャリアプランを本当に良く理解して提案してもらえました。

スキルアップを目的としていたのですが、管理職の提案などもしてもらえて、将来のことも考えることができました。

サポートが首都圏・中部・関西というデメリットはあるのですが、IT系の転職であれば絶対に登録することをおすすめします。

ただ案件数は大手ほどではないので、大手転職エージェントと併用することをおすすめします。

僕は条件の良い案件を大手エージェントで見つけて、それをtypeの担当に伝えてプッシュしてもらいました。

交渉力が強く、企業の担当へプッシュしてもらえるので採用の確立が本当に高くなります。

type転職エージェント
▲登録無料!丁寧なサポート▲

doda

doda

POINT

・登録~内定まで完全無料
・未経験向けの非公開求人も提案
・履歴書・職務経歴書・面接の丁寧なフォロー
・給料や入社時期の交渉

経験者・未経験者どちらにも対応できる転職エージェントで、求人の量と質ともに満足度がとても高かったです。

営業力があるようで、とにかく新しい求人を持ってくるのが早く、どんどん提案してもらえました。

希望した求人もちゃんと提案してくれますし、大手だけにIT業界の情報も豊富なので登録しておいて損はないです。

僕がITコンサル系の仕事もしたいと伝えたら、かなり良い条件の企業を紹介してもらえました。

きめ細かいサポートをしてくれるキャリアアドバイサーが多いので、サポート重視の方におすすめです。

doda転職エージェント
▲登録無料!非公開求人多数▲

リクルートエージェント

POINT

・IT系の求人が豊富(未経験も豊富)
・登録~転職まで無料でサポート
・履歴書・職務経歴書・面接を徹底サポート
・給料の交渉を全て任せることができる

全国展開していてIT系の求人が豊富で、未経験者向けの求人も数多く紹介してもらえました。

ここは経験豊富なキャリアアドバイサーが多いので、まずは登録をして、あなたの希望する条件(地域・職種・年収)の求人を伝えてみましょう。

担当のキャリアアドバイザーの方が、条件に合ったものを次々と提案してくれます。

提案された求人には僕のスキルでこんな良い条件に入れるの?と思うようなものもありました。

もし今すぐ転職するつもりがなければ、ゆっくり転職活動したいと言えばゴリ押しはなかったのも良かったです。※他の転職エージェントではありました。

リクルートエージェント
▲完全無料でIT転職支援▲