サービス残業のデメリット【給料・時間で損をしています】

サービス残業が多すぎるけど違法じゃないの?ブラック企業から残業がない会社に転職したい。

キャリアコンサルタントがこの悩みにお答えします。

残業が多すぎて仕事を辞めたいと相談に来る方はかなり多いです。サービス残業はあなたにとってメリットはありません。きちんと残業の考え方を理解して対策しましょう。

悪質なブラック企業は、安い給料でサービス残業をかなりさせます。

サービス残業に悩んでいるなら、あなたの将来のためにもしっかりと知識を持って対策をしましょう。

スポンサーリンク

サービス残業とは

サービス残業とは、残業したのに残業代が支払われないことです。

労働基準法では残業について以下のように定められています。

・1週間に40時間を超えて働かせてはいけない。
・1日に8時間を超えて働かせてはいけない。

上記の時間を超えて働いた時間が残業になり、会社は残業代を支払わなければなりません。

ですが現実問題、この残業代が支払われず、サービス残業として働いている方はかなり多いです。

サービス残業が支払われないのは違法

労働基準法で、会社は残業した時間分の給料を社員に支払う規則になっています。

つまり本来、サービス残業というものはなく、違法に残業をさせているのは間違いなくブラック企業と呼べます。

みなし残業などを使っている中小企業も多いですが、就業規則で時間が決まっている(月20時間など)はずなので、それ以上の残業を強いるのはブラック企業と認定できます。

こうした違法なことを平然とする企業は、将来性もないので早めに転職などを考えるべきです。

サービス残業を平然と強いるブラック企業の手口

ブラック企業が違法なのに、何故サービス残業を平然と強いるのか。

その理由は、ブラック企業は社員を安く雇い、長時間働かせて利益を得ることを目的にしているからです。

ハッキリお伝えすると、ブラック企業は社員の将来について考えていません。

あくまで会社の利益が大事で、働けなくなったら平然と社員をクビ(解雇)にします。

こうしたブラック企業がサービス残業を強いる手口があるので紹介します。

  1. 残業申請をしたら上司が圧力をかける
  2. 家で残業をさせる
  3. みなし残業や裁量労働制を利用する
  4. 管理職として手当を出さない
  5. 業務時間を曖昧にする
  6. 休憩時間をカウントしない

もし、あなたの会社にこのようなサービス残業の傾向があったら、ブラック企業の可能性が高いです。

残業申請をしたら上司が圧力をかける

これは残業申請をしようとすると、上司が圧力をかけてくるやり方になります。

ブラック企業の特徴なのですが、残業申請をさせないように言いくるめるのです。

もっと悪質な企業だと、タイムカードを定時に無理やりつけさせるところもありました。

家で残業をさせる

良くある話ですが、絶対に終わらない仕事量を社員に渡して家で仕事をさせるやり方です。

これは社員に能力がないなど、言い訳がしやすいのでブラック企業が良く使う手口です。

みなし残業や裁量労働制を利用する

みなし残業や裁量労働制だと残業代を支払わなくて良いと、適当なことを言う経営者もいます。

これも違法になるので、言葉に惑わされないようにしましょう。

管理職としてサービス残業させる

労働基準法では、「管理監督者には残業代を支払わなくてよい」となっています。

この法律を勝手に解釈して、名ばかり店長など会社独自の基準で管理職としてサービス残業させるのです。

大手の企業では改善されましたが、中小企業は未だにこの制度が残っているブラック企業も多いです。

業務時間をカットする

労働時間は1分単位で計算しなければなりませんが、15分や30分単位で時間をカットするのです。

例え15分とはいえ、4回残業すれば1時間になります。

こうした端数をカットするやり方は、ブラック企業が良く使うので注意してください。

休憩時間をカウントしない

休憩時間が長いのは問題ですが、トイレやちょっとした休憩すら許さないブラック企業があります。

確かに会社からすれば労働時間内の話なのですが、ホワイト企業なら絶対にしないことです。

サービス残業を強いる会社に未来はありません

そもそもサービス残業しないと仕事が終わらない会社は、その体制に問題があることが多いです。

日本の企業には、未だに遅くまで仕事をすることを評価する会社もありますが、そのような企業に未来はありません。

今は国も働き方を見直して、労働環境を改善する動きが強くなっています。

未だにサービス残業を強いる会社にいるとしたら、早めに転職することをおすすめします。

ただ転職活動は簡単ではなく、失敗してまた残業が多いブラック企業に入るケースも少なくありません。

転職活動をする時は、失敗しないために転職エージェントに登録してください。

無料で使えて、一人で探すと絶対に見つからない好条件の非公開求人を紹介してくれるからです。

転職エージェントを利用することで、転職の成功率を格段に上げることができます。

IT業界の転職で役立った転職エージェント

4回の転職で分かったこととして、IT業界は転職エージェントを使わないと失敗します。

ITの求人はたくさんあり未経験でも転職できるのですが、ブラック企業も多くリスクが隣り合わせです。

また、転職は求人探しから書類・面接対策と、一人で行うには負荷が高すぎるため、途中で妥協してしまいます。

転職エージェントに登録することで、以下のように転職活動を最大限にサポートしてもらえるので利用しないのは大損です。

メリット
  • 完全無料でIT転職を支援
  • 未経験でも条件の良いIT企業を紹介
  • 経験者なら好条件の非公開求人を紹介
  • 履歴書・職務経歴書・面接を丁寧にサポート
  • 企業と給料などの交渉

実際に僕が利用して本当に役立った転職エージェントを紹介します。

type転職エージェント

type

POINT

・IT系の求人に強い
・登録~内定まで完全無料
・一人一人に対して丁寧なサポート
・キャリアアップの提案をしてもらえる
・首都圏・中部・関西の転職に強い

どちらかというと経験者向けなのですが、type転職エージェントはIT系の好条件求人が多く、書類選考や年収交渉を頑張ってくれるエージェントです。

特に凄いのが担当アドバイザーのサポートの質で、僕のキャリアプランを本当に良く理解して提案してもらえました。

スキルアップを目的としていたのですが、管理職の提案などもしてもらえて、将来のことも考えることができました。

サポートが首都圏・中部・関西というデメリットはあるのですが、IT系の転職であれば絶対に登録することをおすすめします。

ただ案件数は大手ほどではないので、大手転職エージェントと併用することをおすすめします。

僕は条件の良い案件を大手エージェントで見つけて、それをtypeの担当に伝えてプッシュしてもらいました。

交渉力が強く、企業の担当へプッシュしてもらえるので採用の確立が本当に高くなります。

type転職エージェント
▲登録無料!丁寧なサポート▲

doda

doda

POINT

・登録~内定まで完全無料
・未経験向けの非公開求人も提案
・履歴書・職務経歴書・面接の丁寧なフォロー
・給料や入社時期の交渉

経験者・未経験者どちらにも対応できる転職エージェントで、求人の量と質ともに満足度がとても高かったです。

営業力があるようで、とにかく新しい求人を持ってくるのが早く、どんどん提案してもらえました。

希望した求人もちゃんと提案してくれますし、大手だけにIT業界の情報も豊富なので登録しておいて損はないです。

僕がITコンサル系の仕事もしたいと伝えたら、かなり良い条件の企業を紹介してもらえました。

きめ細かいサポートをしてくれるキャリアアドバイサーが多いので、サポート重視の方におすすめです。

doda転職エージェント
▲登録無料!非公開求人多数▲

リクルートエージェント

POINT

・IT系の求人が豊富(未経験も豊富)
・登録~転職まで無料でサポート
・履歴書・職務経歴書・面接を徹底サポート
・給料の交渉を全て任せることができる

全国展開していてIT系の求人が豊富で、未経験者向けの求人も数多く紹介してもらえました。

ここは経験豊富なキャリアアドバイサーが多いので、まずは登録をして、あなたの希望する条件(地域・職種・年収)の求人を伝えてみましょう。

担当のキャリアアドバイザーの方が、条件に合ったものを次々と提案してくれます。

提案された求人には僕のスキルでこんな良い条件に入れるの?と思うようなものもありました。

もし今すぐ転職するつもりがなければ、ゆっくり転職活動したいと言えばゴリ押しはなかったのも良かったです。※他の転職エージェントではありました。

リクルートエージェント
▲完全無料でIT転職支援▲