裁量労働制とは?IT業界の裁量労働制

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

裁量労働制のIT企業ってどうなの?裁量労働制のメリットやデメリットを教えてほしい。

システムエンジニアがこの悩みにお答えします。

この記事を書いている僕は、WEBコンサルタント兼SEとしてシステムやマーケティングを担当しています。IT業界は裁量労働制を採用している企業も多いですが、そのメリットとデメリットを理解していないと損をします。

IT業界では、どんな職種に裁量労働制が採用されているかをお教えします。

またリスクが高いブラックIT企業も裁量労働制を採用していることがあるので、転職での注意点もお伝えしたいと思います。

裁量労働制とは

裁量労働制というのは、簡単に言うと「決まった期間の中で決まった量の仕事をする」働き方のことを意味します。

裁量労働制は成果主義とも言われていて、スキルが高い人にはメリットが大きな制度です。

例えば、一般的なIT企業は、「9:00出社で17:30まで」という定時労働制という制度で仕事をします。

裁量労働制だと、成果さえ上げれば13時出社などの時間の縛りがありません。

IT業界は残業で帰りが遅い現場も多いので、裁量労働制の会社を好むエンジニアもいます。

IT転職の裁量労働制メリットとデメリット

IT企業で勤めた場合、裁量労働制にはメリットとデメリットがあるので、よく理解しておくことが重要です。

裁量労働制のメリット

裁量労働制のメリットは、何と言っても時間の融通が効くことです。

裁量労働制は労働時間を気にせず決められた成果さえ上げればいいので、毎日きっちり8時間働く必要もありません。

極端な例ですが、9時に仕事を始めて、10時に仕事が片付いてしまえば後はプライベートの時間です。

プライベートに合わせて、その日の仕事の量を調節出来るので家庭の用事にも柔軟に対応できるでしょう。

IT業界では午後出社する人も多いので、そういった時間がフレキシブルに使える意味でメリットがあります。

裁量労働制のデメリット

裁量労働制は成果に対して報酬を出しているので、そのプロセスにかかった時間は一切加味されません。

つまり、仕事を抱えすぎてしまうとプライベートの時間はどんどん削られるのです。

残業が多すぎる現場などに配属されると、どれだけ残業しても残業代が出ないことがあります。

安定した残業が少ない現場ならメリットはありますが、SESなど派遣のIT企業に勤めているエンジニアにはデメリットになります。

裁量労働制のIT企業に入る場合は、残業がどの程度になるかを考慮して転職しましょう。

残業が多い現場では、裁量労働制だと損をしてしまいます。

IT業界は管理職になると裁量労働制になる

IT業界では、プロジェクトマネージャーや役員クラスになると裁量労働制に変わる企業も多いです。

他の業界もそのような企業が多いのですが、これは基本給が高い管理職に残業代を出すと会社の経営が厳しくなるからです。

管理職クラスは月40万以上はもらっているので、それに残業代をプラスすると会社としては痛い支出になります。

IT転職で管理職を狙うのであれば、裁量労働制になる可能性が高いことも覚えておいてください。

管理職になるとプロジェクト管理が中心になり、残業が少なくなる人も多いです。

ですが炎上案件などに配属されると、管理職でもプログラミングをしたり、残業で徹夜をすることも普通にあります。

管理職・役員クラスになると裁量労働制になるのが一般的。ですがエンジニアで裁量労働制の場合は注意が必要です。

自社で待機している役員以外は、裁量労働制のメリットを感じないことが多いです。

ブラックIT企業が裁量労働制を使う理由

ここまで述べたように、裁量労働制は良くも悪くも労働時間に関係のない働き方になります。

IT業界で激務の現場に配属されたら、仕事が終わるまで何十時間も働き続けなければならないことだってあります。

SESなどのブラックIT企業には、裁量労働制を導入しているところもあります。

裁量労働制にブラックIT企業が多いのは、残業代の支払いなどをしなくて良いと考える経営者がいるからです。

ちなみに、裁量労働制だからといって残業を支払わなくていいわけではありません。

これはIT業界に限りませんが、社員が必要以上に働いたら、残業代として支払う義務はあるのですが、ブラック企業は払いません。

ブラック企業は経営者や上司が「裁量労働制だから残業代は出ないよ」と言い切るのです。

こうした企業は未だに多く、裁量労働制に期待して入社した社員が苦しい思いをしています。

こういった企業に入らないためにも、IT転職ではしっかりと企業を見極めることが大事になります。

IT業界の転職で役立った転職エージェント

4回の転職で分かったこととして、IT業界は転職エージェントを使わないと失敗します。

ITの求人はたくさんあり未経験でも転職できるのですが、ブラック企業も多くリスクが隣り合わせです。

また、転職は求人探しから書類・面接対策と、一人で行うには負荷が高すぎるため、途中で妥協してしまいます。

転職エージェントに登録することで、以下のように転職活動を最大限にサポートしてもらえるので利用しないのは大損です。

・完全無料でIT転職を支援
・未経験でも条件の良いIT企業を紹介
・経験者なら好条件の非公開求人を紹介
・履歴書・職務経歴書・面接を丁寧にサポート
・企業と給料などの交渉

実際に僕が利用して本当に役立った転職エージェントを紹介します。

type転職エージェント

type

POINT

・IT系の求人に強い
・登録~内定まで完全無料
・一人一人に対して丁寧なサポート
・キャリアアップの提案をしてもらえる
・首都圏・中部・関西の転職に強い

どちらかというと経験者向けなのですが、type転職エージェントはIT系の好条件求人が多く、書類選考や年収交渉を頑張ってくれるエージェントです。

特に凄いのが担当アドバイザーのサポートの質で、僕のキャリアプランを本当に良く理解して提案してもらえました。

スキルアップを目的としていたのですが、管理職の提案などもしてもらえて、将来のことも考えることができました。

サポートが首都圏・中部・関西というデメリットはあるのですが、IT系の転職であれば絶対に登録することをおすすめします。

ただ案件数は大手ほどではないので、大手転職エージェントと併用することをおすすめします。

僕は条件の良い案件を大手エージェントで見つけて、それをtypeの担当に伝えてプッシュしてもらいました。

交渉力が強く、企業の担当へプッシュしてもらえるので採用の確立が本当に高くなります。

type転職エージェント
▲登録無料!丁寧なサポート▲

doda

doda

POINT

・登録~内定まで完全無料
・未経験向けの非公開求人も提案
・履歴書・職務経歴書・面接の丁寧なフォロー
・給料や入社時期の交渉

経験者・未経験者どちらにも対応できる転職エージェントで、求人の量と質ともに満足度がとても高かったです。

営業力があるようで、とにかく新しい求人を持ってくるのが早く、どんどん提案してもらえました。

希望した求人もちゃんと提案してくれますし、大手だけにIT業界の情報も豊富なので登録しておいて損はないです。

僕がITコンサル系の仕事もしたいと伝えたら、かなり良い条件の企業を紹介してもらえました。

きめ細かいサポートをしてくれるキャリアアドバイサーが多いので、サポート重視の方におすすめです。

doda転職エージェント
▲登録無料!非公開求人多数▲

リクルートエージェント

POINT

・IT系の求人が豊富(未経験も豊富)
・登録~転職まで無料でサポート
・履歴書・職務経歴書・面接を徹底サポート
・給料の交渉を全て任せることができる

全国展開していてIT系の求人が豊富で、未経験者向けの求人も数多く紹介してもらえました。

ここは経験豊富なキャリアアドバイサーが多いので、まずは登録をして、あなたの希望する条件(地域・職種・年収)の求人を伝えてみましょう。

担当のキャリアアドバイザーの方が、条件に合ったものを次々と提案してくれます。

提案された求人には僕のスキルでこんな良い条件に入れるの?と思うようなものもありました。

もし今すぐ転職するつもりがなければ、ゆっくり転職活動したいと言えばゴリ押しはなかったのも良かったです。※他の転職エージェントではありました。

リクルートエージェント
▲完全無料でIT転職支援▲