面接で落ちる人必見【通過率を上げる方法】

https://engineer-tenshoku.jp/wp-content/uploads/2020/05/nayami2.jpg

  面接でいつも落ちるんだけど理由を知りたい。面接を通過する方法を教えてほしい。

キャリアコンサルタントがこの悩みにお答えします。

転職の面接は採用の決定打になるといっても良く、書類選考は通過するのに面接で失敗する人の多くは、面接対策が不十分と言えます。

最後の関門と言える面接ですが、ここまで来ている人はキャリア的に問題はありません。

転職で面接で失敗する理由と通過率を上げるポイントを説明します。

スポンサーリンク

転職の面接で失敗する人が言ってしまうNG例

転職の面接で失敗する人は、実は面接で行ってはいけないNGワードを言っている可能性が高いです。

前職(現職)批判

面接では馬鹿正直に話してはいけないということは鉄則中の鉄則ですが、前職批判に繋がるような内容を話することは絶対にやめましょう。
前職批判をするということは企業批判、経営批判をしているということになるからマイナスになります。

前職(現職)に不満があって転職する人は多いですが、面接では絶対に言ってはいけません。

業務量が多い

企業は少なからず仕事に対して前向きな姿勢を持っている人を希望します。

前職や前職の業務量が多いという理由を話すと、その段階で「仕事をしたくないのかな?」と思われてしまい見送りになる可能性が高いです。

特にベンチャー企業の面接では禁句のなかの禁句と思ってください。

転職で成功したいなら、残業などの業務を理由に転職したいといってはいけません。

上司と相性が合わない

上司と相性が合わないという理由も、転職の面接で絶対に言ってはいけません。

上司のことを悪く言うと「この求職者は部下として扱いにくい」と思われてしまいます。

転職では、こうした人間関係の理由で転職したいと面接で言ってはいけません。

評価されない・給料が安い

給料の話(特に安い)は不採用の原因になるので絶対にやめましょう。

給料が安いという人に対して、企業側は良い印象を持つことはありません。

面接では、「無難に現状維持ができれば希望です」ぐらいにとどめておきましょう。

うつ病などの精神疾患歴

転職の面接で絶対に自分から言ってはいけないことは、うつ病などの精神疾患歴です。

隠すことは不要ですが、聞かれない限り自ら求職理由がうつ病であることは言わない方が良いです。

求職者もうつ病になりたくてなった訳ではないでしょうが、企業もリハビリ機関ではないです敬遠する傾向にあります。

質問はありません

面接の最後に「質問ありますか?」に対して、「特にありません」で終わってしまう方も多いのではないでしょうか。

面接で「質問はありません」で終わると、かなり損します。

仮に質問がなかったとしたら、同じ質問をこのように聞きましょう。

「一次面接でも同じ質問をしているのですが、もう少し具体的に教えて頂けないでしょうか?」

この質問の仕方で十分通じます。

面接対策は自己PRが成功の鍵

転職の面接で最も大事なことは、あなた自身を伝える自己PRになります。

企業は、より優れた人材を確保したい思いが当然あります。

ここに面接成功のヒントがあるのですが、面接まで行くことができた人材は、企業側の希望にマッチしている人材です。

つまり書類を見てキャリア的に問題ないと判断された人材なのです。

では面接の自己PRで何をアピールすれば良いのか、以下の3つを重視した対策をするのが効果的です。

  • 具体的なキャリア(あなたの強み)
  • 志望動機(何故その企業を応募したのか)
  • 将来性(どう貢献できるのか)

この3つを上手く伝えることができれば、採用の確立はグッと上がります。

転職の面接成功率を上げる裏技

人生がかかっている転職なので、面接で不安になったり緊張するのは当然です。

面接ではキャリアがあっても、緊張が強く普段のコミュニケーション能力を発揮することができず、見送りになってしまうことも多いです。

では緊張せずに面接をするにはどうすればいいのか、それは徹底的に面接の練習をすることです。

おすすめは転職エージェントの面接トレーニングで、企業が質問するポイントや業界・職種ごとの回答例について教えてもらえます。

家族や友人と面接対策をするのも良いのですが、やはり転職のプロにきちんと見てもらうことをおすすめします。

どの企業も「失敗したからもう1回」という甘い対応はしてくれません。転職で後悔しないためにも、転職エージェントを利用して面接対策をして下さい。

転職エージェントは、業界・職種・企業ごとの面接対策をデータベースにまとめています。

登録すると担当のキャリアアドバイザーが、面接前に必ずこのデータベースをもとに「事前準備」として面接情報を教えてくれます。

この情報はかなり有益で、これがあるかないかで面接の成功率が大きく変わるといっても間違いありません。

転職エージェントの面接対策をしている人の採用率は大幅にアップしています。

また、転職エージェントは非公開求人もあるので、より好条件の求人を紹介してもらえるメリットもあるので利用しないと損をしてしまいます。

IT業界の転職で役立った転職エージェント

4回の転職で分かったこととして、IT業界は転職エージェントを使わないと失敗します。

ITの求人はたくさんあり未経験でも転職できるのですが、ブラック企業も多くリスクが隣り合わせです。

また、転職は求人探しから書類・面接対策と、一人で行うには負荷が高すぎるため、途中で妥協してしまいます。

転職エージェントに登録することで、以下のように転職活動を最大限にサポートしてもらえるので利用しないのは大損です。

メリット
  • 完全無料でIT転職を支援
  • 未経験でも条件の良いIT企業を紹介
  • 経験者なら好条件の非公開求人を紹介
  • 履歴書・職務経歴書・面接を丁寧にサポート
  • 企業と給料などの交渉

実際に僕が利用して本当に役立った転職エージェントを紹介します。

type転職エージェント

type

POINT

・IT系の求人に強い
・登録~内定まで完全無料
・一人一人に対して丁寧なサポート
・キャリアアップの提案をしてもらえる
・首都圏・中部・関西の転職に強い

どちらかというと経験者向けなのですが、type転職エージェントはIT系の好条件求人が多く、書類選考や年収交渉を頑張ってくれるエージェントです。

特に凄いのが担当アドバイザーのサポートの質で、僕のキャリアプランを本当に良く理解して提案してもらえました。

スキルアップを目的としていたのですが、管理職の提案などもしてもらえて、将来のことも考えることができました。

サポートが首都圏・中部・関西というデメリットはあるのですが、IT系の転職であれば絶対に登録することをおすすめします。

ただ案件数は大手ほどではないので、大手転職エージェントと併用することをおすすめします。

僕は条件の良い案件を大手エージェントで見つけて、それをtypeの担当に伝えてプッシュしてもらいました。

交渉力が強く、企業の担当へプッシュしてもらえるので採用の確立が本当に高くなります。

type転職エージェント
▲登録無料!丁寧なサポート▲

doda

doda

POINT

・登録~内定まで完全無料
・未経験向けの非公開求人も提案
・履歴書・職務経歴書・面接の丁寧なフォロー
・給料や入社時期の交渉

経験者・未経験者どちらにも対応できる転職エージェントで、求人の量と質ともに満足度がとても高かったです。

営業力があるようで、とにかく新しい求人を持ってくるのが早く、どんどん提案してもらえました。

希望した求人もちゃんと提案してくれますし、大手だけにIT業界の情報も豊富なので登録しておいて損はないです。

僕がITコンサル系の仕事もしたいと伝えたら、かなり良い条件の企業を紹介してもらえました。

きめ細かいサポートをしてくれるキャリアアドバイサーが多いので、サポート重視の方におすすめです。

doda転職エージェント
▲登録無料!非公開求人多数▲

リクルートエージェント

POINT

・IT系の求人が豊富(未経験も豊富)
・登録~転職まで無料でサポート
・履歴書・職務経歴書・面接を徹底サポート
・給料の交渉を全て任せることができる

全国展開していてIT系の求人が豊富で、未経験者向けの求人も数多く紹介してもらえました。

ここは経験豊富なキャリアアドバイサーが多いので、まずは登録をして、あなたの希望する条件(地域・職種・年収)の求人を伝えてみましょう。

担当のキャリアアドバイザーの方が、条件に合ったものを次々と提案してくれます。

提案された求人には僕のスキルでこんな良い条件に入れるの?と思うようなものもありました。

もし今すぐ転職するつもりがなければ、ゆっくり転職活動したいと言えばゴリ押しはなかったのも良かったです。※他の転職エージェントではありました。

リクルートエージェント
▲完全無料でIT転職支援▲