IT業界の転職で面接の通過率を上げる裏技

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

面接が苦手で、エンジニアの面接でどんなことを言えばいいかわからない。面接のアドバイスや練習ができるところを教えてほしい。

システムエンジニアがこの悩みにお答えします。

この記事を書いている僕は、WEBコンサルタント兼SEとしてシステムやマーケティングを担当しています。採用側として、未経験プログラマーなどの面接をしています。また僕自身も転職経験が4回あり普通の人よりも面接経験が多いのでアドバイスできることがあります。

ITの転職ではスキルを重視すると思われますが、最終的に合否が決まるのは面接です。

エンジニアの方でスキルに自信はあるけど、面接は苦手という方も多いのではないでしょうか。

ここではIT転職で採用側がどんなところに注目しているを中心に説明します。

IT転職の面接で面接官が見るポイント

まず、面接まで行くことができた人は、スキル的に企業側の希望にマッチしている人材ということになります。

※IT業界未経験だとしたら、将来性や今までのキャリアを買われているということです。

スキルやキャリア的に問題はないので、あとは企業側が希望する答えを出せるかになります。

では面接では何をアピールすれば良いのか、IT業界は以下の2つを重視した対策をするのが効果的です。

  • どう会社に貢献できるか
  • やる気があり辞めずに続けられるか

まず会社への貢献については、あなたのスキルで何ができるかを説明しましょう。

職務経歴書に書かれたスキルで問題はないのですが、より詳しい話を聞きたいのが採用側の本音です。

誇張する必要はないので、正確にあなたがやってきたこととを伝えて下さい。

それ以上に重要なのは、やる気になります。

IT企業は人材不足で離職率が高いため、長く会社に貢献できる人材を欲しがります。

転職を単にスキルアップの場と考えずに、その会社へ入る熱い理由を伝えて下さい。

IT業界の面接はスキル以上に熱意を買われて採用される人が多いです。無理にキャラを作る必要はありませんが、面接では「やる気」だけはしっかりとアピールして下さい。

緊張しても良いので、ハッキリと話すことを心がけましょう。

IT転職の面接で言ってはいけないこと

IT転職の面接では、これを言うとマイナスになることがあります。

  • 会社(現職・前職)を批判
  • 残業が多い
  • 上司と相性が悪い
  • 評価されない、給料が安い

このような会社を批判する発言をすると、ほぼ100%面接で落とされます。

面接官も会社の経営に関わっているため、企業を運営する大変さを理解しています。

現職(前職)を批判する人間は、転職後も同じような理由で辞めるリスクがあると思ってしまいます。

たとえブラック企業で終電帰りや徹夜が普通だとしても、それを悪く言ってはいけません。

IT転職では勤めていた会社の悪口は絶対に言わないようにしましょう。せっかく面接まで来たのに印象が悪く落とされる可能性が高くなります。

面接ではポジティブな発言を心がけるようにして下さい。

うつ病も言ってはいけません

IT業界には、うつ病で休職している人もいます。

うつ病になった人材を積極的に採用したいと思う会社はあまりありません。

隠すことは不要ですが、聞かれない限り自ら求職理由がうつ病であることは言わない方が良いです。

IT転職で面接の成功率を上げる裏技

面接の練習を家族や友人にお願いしている人も多いと思います。

ですが、IT業界は独特で普通の面接とは違った切り口の質問をされることもあります。

こうした面接のポイントを熟知しているのは、転職エージェントです。

転職エージェントの面接トレーニングは、IT企業が質問するポイントと回答例を教えてもらえます。

かなりチートな裏技になりますが、転職エージェントを使うと担当のキャリアアドバイサーが直接企業の担当と交渉してくれます。そうなると面接は顔合わせの場で、軽く話をして採用というケースもあります。

IT業界の転職を成功させるなら、転職エージェントを利用して面接対策をして下さい。

転職エージェントは、業界・職種・企業ごとの面接対策をデータベースにまとめています。

登録すると担当のキャリアアドバイザーが、面接前に必ずこのデータベースをもとに「事前準備」として面接情報を教えてくれます。

この情報はかなり有益で、これがあるかないかで面接の成功率が大きく変わるといっても過言ではありません。

転職エージェントの面接対策をしている人の採用率は大幅にアップしています。

また、転職エージェントは非公開求人もあるので、より好条件の求人を紹介してもらえるメリットもあるので利用しないと損をしてしまいます。

IT業界の転職で役立った転職エージェント

4回の転職で分かったこととして、IT業界は転職エージェントを使わないと失敗します。

ITの求人はたくさんあり未経験でも転職できるのですが、ブラック企業も多くリスクが隣り合わせです。

また、転職は求人探しから書類・面接対策と、一人で行うには負荷が高すぎるため、途中で妥協してしまいます。

転職エージェントに登録することで、以下のように転職活動を最大限にサポートしてもらえるので利用しないのは大損です。

・完全無料でIT転職を支援
・未経験でも条件の良いIT企業を紹介
・経験者なら好条件の非公開求人を紹介
・履歴書・職務経歴書・面接を丁寧にサポート
・企業と給料などの交渉

実際に僕が利用して本当に役立った転職エージェントを紹介します。

type転職エージェント

type

POINT

・IT系の求人に強い
・登録~内定まで完全無料
・一人一人に対して丁寧なサポート
・キャリアアップの提案をしてもらえる
・首都圏・中部・関西の転職に強い

どちらかというと経験者向けなのですが、type転職エージェントはIT系の好条件求人が多く、書類選考や年収交渉を頑張ってくれるエージェントです。

特に凄いのが担当アドバイザーのサポートの質で、僕のキャリアプランを本当に良く理解して提案してもらえました。

スキルアップを目的としていたのですが、管理職の提案などもしてもらえて、将来のことも考えることができました。

サポートが首都圏・中部・関西というデメリットはあるのですが、IT系の転職であれば絶対に登録することをおすすめします。

ただ案件数は大手ほどではないので、大手転職エージェントと併用することをおすすめします。

僕は条件の良い案件を大手エージェントで見つけて、それをtypeの担当に伝えてプッシュしてもらいました。

交渉力が強く、企業の担当へプッシュしてもらえるので採用の確立が本当に高くなります。

type転職エージェント
▲登録無料!丁寧なサポート▲

doda

doda

POINT

・登録~内定まで完全無料
・未経験向けの非公開求人も提案
・履歴書・職務経歴書・面接の丁寧なフォロー
・給料や入社時期の交渉

経験者・未経験者どちらにも対応できる転職エージェントで、求人の量と質ともに満足度がとても高かったです。

営業力があるようで、とにかく新しい求人を持ってくるのが早く、どんどん提案してもらえました。

希望した求人もちゃんと提案してくれますし、大手だけにIT業界の情報も豊富なので登録しておいて損はないです。

僕がITコンサル系の仕事もしたいと伝えたら、かなり良い条件の企業を紹介してもらえました。

きめ細かいサポートをしてくれるキャリアアドバイサーが多いので、サポート重視の方におすすめです。

doda転職エージェント
▲登録無料!非公開求人多数▲

リクルートエージェント

POINT

・IT系の求人が豊富(未経験も豊富)
・登録~転職まで無料でサポート
・履歴書・職務経歴書・面接を徹底サポート
・給料の交渉を全て任せることができる

全国展開していてIT系の求人が豊富で、未経験者向けの求人も数多く紹介してもらえました。

ここは経験豊富なキャリアアドバイサーが多いので、まずは登録をして、あなたの希望する条件(地域・職種・年収)の求人を伝えてみましょう。

担当のキャリアアドバイザーの方が、条件に合ったものを次々と提案してくれます。

提案された求人には僕のスキルでこんな良い条件に入れるの?と思うようなものもありました。

もし今すぐ転職するつもりがなければ、ゆっくり転職活動したいと言えばゴリ押しはなかったのも良かったです。※他の転職エージェントではありました。

リクルートエージェント
▲完全無料でIT転職支援▲