休日出勤が多いIT企業の特徴【IT業界で転職するなら注意すること】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IT業界って休日出勤が多いの?休日出勤のないプロジェクトや会社について教えてほしい。

システムエンジニアがこの悩みにお答えします。

この記事を書いている僕は、WEBコンサルタント兼SEとしてシステムやマーケティングを担当しています。昔は休日出勤が多い会社にいましたが、今は土日祝日は完全に休めるIT企業に転職成功しました。

IT業界は激務のイメージがあるため、休日出勤をしていると思っている方も多いと思います。

昔は休日出勤も普通に多かったのですが、今は働き方が変わり完全週休二日制のIT企業も多くなりました。

では、どんなプロジェクトや現場だと休日出勤が多いのかについて説明していきます。

IT業界はどんな時に休日出勤するのか

忙しいイメージがあるIT業界ですが、休日出勤するのは限られたケースになります。

  • 勉強会や研修に参加する
  • プロジェクトの納期が近いが遅れている
  • 炎上案件に配属される

勉強会や研修会については、代休や振休を取れる企業も多いです。

問題になるのは、プロジェクトの納期が近いのに遅れていたり、炎上案件に配属された時です。

このパターンは休日出勤があるだけではなく、普段から終電帰りになることも多いです。

炎上案件の場合、最悪なケースだと徹夜が続きます。

SES派遣契約の中小IT企業に入社すると、こうした炎上案件の現場に配属されることも多いです。僕も経験したことがありますが、家に帰れずホテルに泊まる生活を1か月くらい続けました。

こうした現場は少なくなってきましたが、一部ではまだ炎上案件もあるのでIT業界へ転職するときは注意が必要です。

休日出勤が多い現場は仕事の効率が悪い【IT業界あるある】

僕も経験したことがあるのでわかるのですが、休日出勤が多いIT企業に入ると仕事の効率が下がります。

その理由は大きく2つあります。

  • 休日出勤ありきでスケジュールを作る
  • 終わらなくても休日に仕事をやれば良いと考える

どちらも良くない考え方なのですが、休日出勤が当たり前になると「休みの日に出て仕事をすればいいや」と考えてしまいます。

僕がスケジュールが崩壊している炎上案件に配属された時のことですが、仕事が終わらないと現場のリーダーが「休みに出てやればいいよ」と普通に言うのです。

そもそも納期が決まっているのに、終わらないスケジュールの組み方を平然と行う現場もありました。

信じられないかもしれませんが、こうしたブラックな現場も本当にあります。

SESのように派遣で現場に配属されたら、現場のリーダーの支持に従う必要があります。リーダーの管理能力が低い現場は、仕事の効率が悪く炎上案件になるリスクが高いです。

僕個人としては、SESで他の現場に行くのは新しい技術が身に付くので大歓迎です。

 

ですが現場のリーダーによって仕事の質が変わるので、上司を選べない派遣はスケジュールが崩壊しやすく休日出勤が多い現場に配属されることがあることも覚えておいてください。

休日出勤が少ないIT企業の特徴

休日出勤が少ないIT企業は、以下のような特徴があります。

  • プロジェクトリーダーが有能
  • 個々のスキルが高い

必ずしもこの条件だから休日出勤が少ないわけではありませんが、僕が経験した中でこういったIT企業は休日出勤が少なかったです。

プロジェクトリーダーが有能

プロジェクトリーダーが有能だと、スケジュール作成がしっかりしているので納期に余裕ができます。

スケジュールに無理はないので、当然ですが休日出勤することもありません。

IT業界のリーダーには、顧客の印象をよくするために無理な納期でプロジェクトを開始する人もいます。

リーダーの質が高いと、驚くほどプロジェクトが円滑に進みます。

個々のスキルが高い

個々のスキルが高ければ、圧倒的に仕事が早く終わるので休日出勤はありません。

もちろん経験の少ないプログラマーもいますが、個々のスキルが高い現場はお互い協力するので新人プログラマーにも丁寧に教えてくれる環境が多いです。

新人プログラマーは、こうしたIT企業で働くと仕事が楽しくできますし、スキルアップにもつながります。

これからプログラマーを目指す人や、今の環境が劣悪であれば、こういった特徴のIT企業に転職することをおすすめします。

有能な人材が多い会社で働くと、自分の仕事も効率的にできるようになります。

休日出勤のないIT企業に転職する方法

今、IT業界は変化の途中で、徐々に残業を減らしたり休日出勤がない仕事になるよう努力しています。

IT業界は、これからプログラマーやSEを目指す人には、休みがきちんと取れる働きやすい環境になっていくでしょう。

ただ、それでもブラック企業は存在するので、そういったブラックな会社に入らないよう転職活動を行うことが重要です。

僕も転職で利用しましたが、IT業界の転職は企業情報をたくさん持っている転職エージェントに相談するのが一番です。

転職エージェントに相談すれば、自分の希望条件にマッチした求人を紹介してもらえます。

僕も転職では給料や残業が少ないなど、妥協できないことがありましたが、担当のキャリアアドバイザーが丁寧にカウンセリングしてくれ希望にピッタリの企業を見つけることができました。

 

IT業界の転職で役立った転職エージェント

4回の転職で分かったこととして、IT業界は転職エージェントを使わないと失敗します。

ITの求人はたくさんあり未経験でも転職できるのですが、ブラック企業も多くリスクが隣り合わせです。

また、転職は求人探しから書類・面接対策と、一人で行うには負荷が高すぎるため、途中で妥協してしまいます。

転職エージェントに登録することで、以下のように転職活動を最大限にサポートしてもらえるので利用しないのは大損です。

・完全無料でIT転職を支援
・未経験でも条件の良いIT企業を紹介
・経験者なら好条件の非公開求人を紹介
・履歴書・職務経歴書・面接を丁寧にサポート
・企業と給料などの交渉

実際に僕が利用して本当に役立った転職エージェントを紹介します。

type転職エージェント

type

POINT

・IT系の求人に強い
・登録~内定まで完全無料
・一人一人に対して丁寧なサポート
・キャリアアップの提案をしてもらえる
・首都圏・中部・関西の転職に強い

どちらかというと経験者向けなのですが、type転職エージェントはIT系の好条件求人が多く、書類選考や年収交渉を頑張ってくれるエージェントです。

特に凄いのが担当アドバイザーのサポートの質で、僕のキャリアプランを本当に良く理解して提案してもらえました。

スキルアップを目的としていたのですが、管理職の提案などもしてもらえて、将来のことも考えることができました。

サポートが首都圏・中部・関西というデメリットはあるのですが、IT系の転職であれば絶対に登録することをおすすめします。

ただ案件数は大手ほどではないので、大手転職エージェントと併用することをおすすめします。

僕は条件の良い案件を大手エージェントで見つけて、それをtypeの担当に伝えてプッシュしてもらいました。

交渉力が強く、企業の担当へプッシュしてもらえるので採用の確立が本当に高くなります。

type転職エージェント
▲登録無料!丁寧なサポート▲

doda

doda

POINT

・登録~内定まで完全無料
・未経験向けの非公開求人も提案
・履歴書・職務経歴書・面接の丁寧なフォロー
・給料や入社時期の交渉

経験者・未経験者どちらにも対応できる転職エージェントで、求人の量と質ともに満足度がとても高かったです。

営業力があるようで、とにかく新しい求人を持ってくるのが早く、どんどん提案してもらえました。

希望した求人もちゃんと提案してくれますし、大手だけにIT業界の情報も豊富なので登録しておいて損はないです。

僕がITコンサル系の仕事もしたいと伝えたら、かなり良い条件の企業を紹介してもらえました。

きめ細かいサポートをしてくれるキャリアアドバイサーが多いので、サポート重視の方におすすめです。

doda転職エージェント
▲登録無料!非公開求人多数▲

リクルートエージェント

POINT

・IT系の求人が豊富(未経験も豊富)
・登録~転職まで無料でサポート
・履歴書・職務経歴書・面接を徹底サポート
・給料の交渉を全て任せることができる

全国展開していてIT系の求人が豊富で、未経験者向けの求人も数多く紹介してもらえました。

ここは経験豊富なキャリアアドバイサーが多いので、まずは登録をして、あなたの希望する条件(地域・職種・年収)の求人を伝えてみましょう。

担当のキャリアアドバイザーの方が、条件に合ったものを次々と提案してくれます。

提案された求人には僕のスキルでこんな良い条件に入れるの?と思うようなものもありました。

もし今すぐ転職するつもりがなければ、ゆっくり転職活動したいと言えばゴリ押しはなかったのも良かったです。※他の転職エージェントではありました。

リクルートエージェント
▲完全無料でIT転職支援▲