会社都合退職と自己都合退職の違い【失業保険受給の流れ】

会社都合退職って何?会社都合退職と自己都合退職の違いを知りたい。会社都合退職になったけど、どう転職活動をするのがいいか教えてほしい。

キャリアコンサルタントがこの悩みにお答えします。

会社都合(自己都合も同じです)で退職したら、失業保険の手続きと転職活動をすることになります。

流れは難しくないのですが、申請をしないとハローワークは対応してくれないので忘れないようにしましょう。

また会社都合と自己都合の退職で、失業保険受給など違いがあるので、その辺りも説明します。

スポンサーリンク

会社都合退職と自己都合退職の違い【失業保険の受給資格】

まず、失業保険の受給資格は以下になります。

  • 雇用保険に加入していること
  • 雇用保険に加入していた期間が、退職前の2年間で12ヶ月以上あること
  • 失業の状態であること

ただし病気や出産など、すぐに就職できない場合は失業保険の受給できません。

また、退職理由によっても資格が異なります。

会社都合退職の場合

会社都合退職は、倒産、解雇、リストラなどです。

パワハラやセクハラなどで会社都合退職になることもありますが、会社側が認めないケースも多いです。

会社都合の場合は、「特定受給資格者」に規定され、雇用保険に加入していた期間が、退職前の1年間に6ヶ月以上あれば、受給資格を得ることができます。

自己都合退職の場合

自己都合退職は、自分の意志(転職や独立)で会社を辞めることです。

自己都合の場合は、雇用保険に加入していた期間が、退職前の2年間で12ヶ月以上の必要があります。

前にあった事例なのですが、ブラック企業に勤めていてセクハラで退職予定の女性が、急きょ会社側が手のひらを返して自己都合にされたことがあります。

そのため手続きも難航して、疲弊しきって次の転職先もなかなか決まらなくと相談に来られました。

失業保険は離職票がないと手続きが進まないため、こうしたブラック企業を退職する時は労基などに相談しましょう。

失業保険が受給できるまでの流れ

次に失業保険が受給できるまでの流れについて説明します。

手続き自体は簡単で、以下の流れで失業保険の申請ができます。

  1. ハローワークに必要書類を提出(退職後)
  2. 受給説明会に参加
  3. 待期期間
  4. 失業認定
  5. 失業保険の受給開始

待機期間に関しては、退職理由によって変わるので後ほど説明します。

まず退職後、ハローワークに以下の書類を提出します。

  • 雇用保険被保険者離職票【1】
  • 雇用保険被保険者離職票【2】
  • 雇用保険被保険者証
  • 個人番号確認書類(マイナンバーカードなど)
  • 証明写真(2枚)
  • 本人確認証
  • 印鑑
  • 通帳

離職票や雇用保険被保険者証は会社を辞める時にもらうか、後日郵送で会社から送られてきます。

退職理由で待期期間が変わる

失業保険の給付で注意することは、退職理由でもらえる時期が異なることです。

会社都合で退職した場合は、7日間の待機期間後すぐに失業給付金がもらえます。

ですが自己都合で退職すると、3ヶ月間は失業給付の基本手当を受給できない制限があるため、3ヶ月と7日は失業給付金がもらえません。

また給付日数も異なり、自己都合の場合は90日~150日、会社都合の場合は90日~330日になります。

失業中の転職活動【おすすめの裏技】

支給がスタートしてからも失業保険を継続するためには、4週間に1度、ハローワークで失業認定を受ける必要があります。

この時期に一人で転職活動をする方も多いのですが、転職活動のやり方が悪く失敗する可能性も高いので注意してください。

そこでキャリアコンサルタントとしておすすめの転職活動を紹介します。

職業訓練校に参加する

ハローワークが行っている転職支援の職業訓練校に参加すると、認定の転職活動を免除できます。

終了したら転職しなければなりませんが、6ヶ月程度は学校で勉強すれば良いので気楽な生活ができます。

受講講座は、電気工事士やプログラミングなど手に職の内容もあるので、無料にしては充実しています。

職業訓練校は高度な知識が身につくわけではなく、基礎的なことになるので過度な期待はしない方がいいでしょう。

すぐに転職する意思がない場合、職業訓練校を選ぶのもおすすめです。

入校には面接とかがあるのですが、年齢が若ければ受かる可能性が高いので心配無用です。

転職エージェントに相談

転職エージェントをりようして転職活動をするのも認定の転職活動として認められます。

転職エージェントのメリットは、自分の希望する求人を紹介してもらえることです。

良い求人がなければ、じっくりと転職活動ができるので、焦って一人で転職活動をしてブラック企業に入るといった失敗を防げます。

また先ほど紹介した職業訓練校に通いながら、転職エージェントに登録して良い求人を探すのもおすすめです。

最終的なゴールは転職成功なので、ブラック企業を避ける意味でも転職エージェントに相談しておいて方が良い結果になります。

転職活動は簡単なものではありません。

転職はスピード感も大事ですが、企業をしっかりと見極めないとブラック企業に入って失敗することを覚えておいてください。

会社都合退職になったからといって、焦って一人ですぐに転職する必要はありません。

本当にあなたの希望する条件に合った求人が見つけるために、転職エージェントを利用しましょう。

IT業界の転職で役立った転職エージェント

4回の転職で分かったこととして、IT業界は転職エージェントを使わないと失敗します。

ITの求人はたくさんあり未経験でも転職できるのですが、ブラック企業も多くリスクが隣り合わせです。

また、転職は求人探しから書類・面接対策と、一人で行うには負荷が高すぎるため、途中で妥協してしまいます。

転職エージェントに登録することで、以下のように転職活動を最大限にサポートしてもらえるので利用しないのは大損です。

メリット
  • 完全無料でIT転職を支援
  • 未経験でも条件の良いIT企業を紹介
  • 経験者なら好条件の非公開求人を紹介
  • 履歴書・職務経歴書・面接を丁寧にサポート
  • 企業と給料などの交渉

実際に僕が利用して本当に役立った転職エージェントを紹介します。

type転職エージェント

type

POINT

・IT系の求人に強い
・登録~内定まで完全無料
・一人一人に対して丁寧なサポート
・キャリアアップの提案をしてもらえる
・首都圏・中部・関西の転職に強い

どちらかというと経験者向けなのですが、type転職エージェントはIT系の好条件求人が多く、書類選考や年収交渉を頑張ってくれるエージェントです。

特に凄いのが担当アドバイザーのサポートの質で、僕のキャリアプランを本当に良く理解して提案してもらえました。

スキルアップを目的としていたのですが、管理職の提案などもしてもらえて、将来のことも考えることができました。

サポートが首都圏・中部・関西というデメリットはあるのですが、IT系の転職であれば絶対に登録することをおすすめします。

ただ案件数は大手ほどではないので、大手転職エージェントと併用することをおすすめします。

僕は条件の良い案件を大手エージェントで見つけて、それをtypeの担当に伝えてプッシュしてもらいました。

交渉力が強く、企業の担当へプッシュしてもらえるので採用の確立が本当に高くなります。

type転職エージェント
▲登録無料!丁寧なサポート▲

doda

doda

POINT

・登録~内定まで完全無料
・未経験向けの非公開求人も提案
・履歴書・職務経歴書・面接の丁寧なフォロー
・給料や入社時期の交渉

経験者・未経験者どちらにも対応できる転職エージェントで、求人の量と質ともに満足度がとても高かったです。

営業力があるようで、とにかく新しい求人を持ってくるのが早く、どんどん提案してもらえました。

希望した求人もちゃんと提案してくれますし、大手だけにIT業界の情報も豊富なので登録しておいて損はないです。

僕がITコンサル系の仕事もしたいと伝えたら、かなり良い条件の企業を紹介してもらえました。

きめ細かいサポートをしてくれるキャリアアドバイサーが多いので、サポート重視の方におすすめです。

doda転職エージェント
▲登録無料!非公開求人多数▲

リクルートエージェント

POINT

・IT系の求人が豊富(未経験も豊富)
・登録~転職まで無料でサポート
・履歴書・職務経歴書・面接を徹底サポート
・給料の交渉を全て任せることができる

全国展開していてIT系の求人が豊富で、未経験者向けの求人も数多く紹介してもらえました。

ここは経験豊富なキャリアアドバイサーが多いので、まずは登録をして、あなたの希望する条件(地域・職種・年収)の求人を伝えてみましょう。

担当のキャリアアドバイザーの方が、条件に合ったものを次々と提案してくれます。

提案された求人には僕のスキルでこんな良い条件に入れるの?と思うようなものもありました。

もし今すぐ転職するつもりがなければ、ゆっくり転職活動したいと言えばゴリ押しはなかったのも良かったです。※他の転職エージェントではありました。

リクルートエージェント
▲完全無料でIT転職支援▲