フレックスタイム制を採用しているIT企業のメリットとデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フレックスタイム制ってどんなメリットがあるの?フレックスタイム制のIT企業に転職したいけど、どうやって探せばいいか教えてほしい。

システムエンジニアがこの悩みにお答えします。

この記事を書いている僕は、WEBコンサルタント兼SEとしてシステムやマーケティングを担当しています。今はフレックスタイム制の企業で快適に働いています。

IT企業はフレックスタイム制を導入している会社も多く、ほとんどの人がフレックスタイム制で働きやすいと感じています。

ただデメリットもあるので、IT業界でフレックスタイム制の会社で働くメリットとデメリットをお伝えしたいと思います。

フレックスタイム制とは【コアタイムの考え方】

まず、「フレックスタイム制とは」について説明します。

フレックスタイム制とは、社員が日々の始業・終業時刻を自分で決定して働く事ができる制度になります。
つまり、自分の好きな時間に出社できるのです。

IT系の企業はフレックスタイム制を導入しているところも多く、特にベンチャー企業が多い印象です。

ただし会社によってフレックスタイム制の規定が異なり、コアタイム制を設定している企業がほとんどなので、その辺りも理解しておきましょう。

例えば、コアタイムが11時~17時の場合、その時間帯は必ず仕事をしていなければなりません。

フレックスタイム制とは言っても、完全に自由ではなく、会社が円滑に動くようにコアタイムを設定しているIT企業がほとんどです。

フレックスタイム制のメリットとデメリット【IT業界あるある】

僕がIT業界しか知らないので、IT業界あるあるになりますが、フレックスタイム制のメリットとデメリットを紹介します。

メリット

  • 朝ゆっくり寝ることができる
  • 通勤ラッシュを避けることができる
  • 残業で遅くなった次の日にゆっくり出社できる
  • 子供を幼稚園に連れていってから出社できる

フレックスタイム制のIT企業のサラリーマンは、10時~12時に出社することが多いです。

一番のメリットは朝ゆっくりできることで、これだけでもストレスがなくなります。

もちろん、朝早く来て早く帰る人も稀にいますが、9割はゆっくり来ている印象です。

首都圏のサラリーマンは、ラッシュを避けられるフレックスタイム制の会社は大きなメリットですよね。

デメリット

  • 聞きたい時に担当がいない
  • 早く帰りにくい

フレックスタイム制の一番のデメリットは、聞きたいことがあるのに担当がまだ出社していないことです。
コミュニケーションが取れないことも多く、そうなると待っている間ネットを見て遊んでいることも多いです。

あと僕は小心者なので、早く終わっても帰りにくいと感じてしまいます(みんな遅く来るので帰りが遅い)。

IT業界で働くならフレックスタイム制の企業がおすすめの理由

これは個人的な意見になりますが、IT業界で働くならフレックスタイム制の企業がおすすめです。

大きな理由は2つあります。

  • 残業で帰りが遅くなってもゆっくり寝れる
  • 午前中に会議が多く時間がもったいない

まずIT業界では、納期が近くなると残業が多くなります(これは仕方ありませんね)。

そうなると次の日の朝が辛く、フレックスタイム制だと30分遅く起きるなど柔軟に対応できるメリットがあります。

また、プログラマーの頃にあったのですが、午前にSEが会議をして、その内容を聞いてから仕事を始めることもありました。

この時間が無駄で、下手すると午前中何もしなかったということもあります。

フレックスタイム制だと、午後に出社して時間を無駄にせず働くことができます。

現場にもよりますが、フレックスタイム制ならではのメリットは大きいです。

フレックスタイム制のIT企業の探し方

フレックスタイム制のIT企業へ転職を考えているのであれば、企業の情報収集はしっかりと行いましょう。
IT業界にはブラック企業も多く、フレックスタイム制でも朝から晩まで帰れない仕事量の会社もあるからです。

こうしたIT企業、形はフレックスタイム制なのですが実質は炎上案件なので徹夜が続きます。

僕も利用しましたが、IT業界で転職するならIT系に強い転職エージェントに相談しないと失敗します。

ハローワークや転職サイトで見つけたフレックスタイム制の企業が、実はブラックだったなんてもことも良くあります。

転職エージェントはかなりの企業情報を持っていたので、安心して働けるフレックスタイム制の優良企業を紹介してもらえました。

僕も経験しましたが、転職で失敗すると本当に苦労するので企業の情報収集はしっかりと行いましょう。

ハローワークや転職サイトで良いなと思った求人も、蓋を開けたらブラック企業だったなんてことも良くあります。

IT企業は、今働き方を変えていて、労働環境も昔に比べてずっと良くなっています。

きちんとした企業に転職できれば、将来も安定するので、ここは妥協せずに転職エージェントにあなたの希望をしっかりと伝えましょう。

タイミングが良いと、凄く良い条件の非公開求人を紹介してもらうこともできますよ。

IT業界の転職で役立った転職エージェント

4回の転職で分かったこととして、IT業界は転職エージェントを使わないと失敗します。

ITの求人はたくさんあり未経験でも転職できるのですが、ブラック企業も多くリスクが隣り合わせです。

また、転職は求人探しから書類・面接対策と、一人で行うには負荷が高すぎるため、途中で妥協してしまいます。

転職エージェントに登録することで、以下のように転職活動を最大限にサポートしてもらえるので利用しないのは大損です。

・完全無料でIT転職を支援
・未経験でも条件の良いIT企業を紹介
・経験者なら好条件の非公開求人を紹介
・履歴書・職務経歴書・面接を丁寧にサポート
・企業と給料などの交渉

実際に僕が利用して本当に役立った転職エージェントを紹介します。

type転職エージェント

type

POINT

・IT系の求人に強い
・登録~内定まで完全無料
・一人一人に対して丁寧なサポート
・キャリアアップの提案をしてもらえる
・首都圏・中部・関西の転職に強い

どちらかというと経験者向けなのですが、type転職エージェントはIT系の好条件求人が多く、書類選考や年収交渉を頑張ってくれるエージェントです。

特に凄いのが担当アドバイザーのサポートの質で、僕のキャリアプランを本当に良く理解して提案してもらえました。

スキルアップを目的としていたのですが、管理職の提案などもしてもらえて、将来のことも考えることができました。

サポートが首都圏・中部・関西というデメリットはあるのですが、IT系の転職であれば絶対に登録することをおすすめします。

ただ案件数は大手ほどではないので、大手転職エージェントと併用することをおすすめします。

僕は条件の良い案件を大手エージェントで見つけて、それをtypeの担当に伝えてプッシュしてもらいました。

交渉力が強く、企業の担当へプッシュしてもらえるので採用の確立が本当に高くなります。

type転職エージェント
▲登録無料!丁寧なサポート▲

doda

doda

POINT

・登録~内定まで完全無料
・未経験向けの非公開求人も提案
・履歴書・職務経歴書・面接の丁寧なフォロー
・給料や入社時期の交渉

経験者・未経験者どちらにも対応できる転職エージェントで、求人の量と質ともに満足度がとても高かったです。

営業力があるようで、とにかく新しい求人を持ってくるのが早く、どんどん提案してもらえました。

希望した求人もちゃんと提案してくれますし、大手だけにIT業界の情報も豊富なので登録しておいて損はないです。

僕がITコンサル系の仕事もしたいと伝えたら、かなり良い条件の企業を紹介してもらえました。

きめ細かいサポートをしてくれるキャリアアドバイサーが多いので、サポート重視の方におすすめです。

doda転職エージェント
▲登録無料!非公開求人多数▲

リクルートエージェント

POINT

・IT系の求人が豊富(未経験も豊富)
・登録~転職まで無料でサポート
・履歴書・職務経歴書・面接を徹底サポート
・給料の交渉を全て任せることができる

全国展開していてIT系の求人が豊富で、未経験者向けの求人も数多く紹介してもらえました。

ここは経験豊富なキャリアアドバイサーが多いので、まずは登録をして、あなたの希望する条件(地域・職種・年収)の求人を伝えてみましょう。

担当のキャリアアドバイザーの方が、条件に合ったものを次々と提案してくれます。

提案された求人には僕のスキルでこんな良い条件に入れるの?と思うようなものもありました。

もし今すぐ転職するつもりがなければ、ゆっくり転職活動したいと言えばゴリ押しはなかったのも良かったです。※他の転職エージェントではありました。

リクルートエージェント
▲完全無料でIT転職支援▲