【PR】

システムエンジニアは転職をすることで、スキルと年収を上げやすい職種です。

ただし転職で失敗するケースも少なくないので、システムエンジニアの求人探しと転職で失敗しないポイントを説明します。

この記事から学べること

①システムエンジニアの転職市場
②エンジニア転職で失敗を防ぐ方法
③SE向けのスカウト転職サービス

スキルは高いのに現場で損をしているエンジニアも多いので、人生で損をしないように転職は慎重に行いましょう。

システムエンジニアの転職市場 需要と現状の求人情報

システムエンジニアの求人は多いのですが、求人探しで失敗するとスキルや年収がダウンしてしまいます。

  • テスター中心の仕事だった
  • 最初の条件と違う給料で下がった
  • 運用保守しかできない
  • 古いシステムの現場に配属された

エンジニアあるあるですが、最初に聞いていた話と違う現場に配属させられたり、入社後に給料が聞いていた話より低いことは良くあります

こうした転職の失敗を防ぐためにも、スカウト転職サービスを利用することが重要です。

システムエンジニア求人におすすめのスカウト転職サービス

IT業界に強く、自社サービス開発・モダン技術開発・リモートOKな求人が豊富なスカウト転職サービスを紹介します。

Direct type

Direct typeの特徴
  • スカウト型なので効率的に転職できる
  • 転職で年収がアップ(平均年収UP率130%)
  • エンジニアの希望を叶える高精度のマッチングシステム
  • 職務経歴書が簡単に作れる

Direct typeは、様々な角度からエンジニアのキャリア支援をするITに特化したスカウト転職サービスです。

エンジニア向けの転職アプリとして、OS、クラウド・仮想化、DB・データ分析、構成管理、CI/CDツールなどスキルを細かく設定できるので高精度のマッチンを実現することができます。

一般的な転職サイトとは違いスカウト型で、経歴や希望条件を見た企業から直接スカウトが届くので効率的に転職活動ができます(自分で求人を探す手間がありません)。

応募から内定率が高く(20%)、転職で年収がアップ(平均年収UP率130%)しているエンジニアも多く、完全無料で利用できるので、登録だけでもしておいて損はありません。

Direct typeに登録する【無料】⇒

Direct typeの口コミ

Direct typeを利用したエンジニアの方の口コミを紹介します。

プログラマー⇒SEの転職に役立ちました

エンジニア向けに特化してるだけあって、必要な情報が精査されて無駄がありませんでした。

プログラマーからSEにステップアップを目指して登録しましたが、今の自分のスキルにマッチした求人を紹介してもらえました。

登録が簡単で使いやすい

転職サイトは登録事項が多く面倒なのですが、Direct typeのアプリは登録が簡単ですしUIがわかりやすく使いやすいです。

スカウト型なので無駄がない

自分で求人を探す必要がないので、時間のロスが少なく効率的に転職活動ができました。

条件に合った企業からだけスカウトが届くので、登録だけでもしておいて損はありません。

今すぐ転職する意思がなくても、良い条件の求人が見つかる可能性が高いので登録だけでもしておきましょう!