プログラミングに向いていない人の特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プログラミングを勉強し始めたけど、自分は向いてないんじゃ・・・どうすればプログラミングができるようになるか教えてほしい

システムエンジニアがこの悩みにお答えします。

この記事を書いている僕は、独学でプログラミングを覚えて今ではWEB制作会社でシステムエンジニア兼マーケターをしています。プログラミングの適性やどうすればプログラミングができるようになるかを説明します!

僕もプログラミングの独学を始めた時に感じたのですが、プログラミングは難しいと感じるのが普通で、わからないから自分に向いてないと諦めないでください。

プログラミングに限らず、どんな分野も勉強してすぐに理解できることは少ないと思います。

わからないから向いていないと諦めずに、継続して勉強することでプログラミングは誰でもできるようになります。

僕も一般的にプログラミングに向いていないと言われるものに当てはまりましたが、今では普通にプログラミングができるようになりました。

プログラミングに向いていない人の特徴

僕はプログラマー~システムエンジニアまで経験していますが、プログラミングに必要だと感じているのは「忍耐」だけです。

プログラミングに向いていない人の特徴として「数学が苦手」や「新しい技術についていけない」などありますが、これは経験でなんとでもなります。

僕も数学は苦手ですし、積極的に新しいことをしませんが、それでもプログラミングの仕事ができています。

では、何故プログラミングに忍耐が必要なのかを説明します。

  • 動作確認テスト
  • エラーの発見~修正
  • わからないことはネットなどで調べる

プログラミングは、こうした何度もトライ&エラーを繰り返す作業が必要になります。

エラーがわからず1日中考えたり、テストのような単調な作業も多いです。

プログラミングに向いていない人は課題をコツコツできない傾向があります。逆に忍耐強く作業を続ける能力があれば、誰でもプログラミングはできるようになります。

プログラミングは難易度が注目されがちですしセンスなどという人もいますが、むしろ繰り返しの単調作業ができる人の方が向いています。

アルゴリズムは経験でカバーできるので、最初からわからなくても全く問題ありません。

向いてないと感じたら簡単なプログラミング言語から始めてみましょう

最初に難易度の高いプログラミング言語から勉強すると、自分にプログラミングは向いていないと諦めてしまう可能性が高くなります。

僕は最初にC言語から始めて、一度プログラミングが向いていないと挫折しました。

わかる人はいいのですが、C言語やJavaはプログラミング初心者には難しいです。

  • PHP
  • Ruby
  • Python

プログラミングが難しいから向いていないと感じている人は、この辺りのプログラミング言語から始めてみて下さい。

先ほどのC言語やJavaより難易度が下がります。

ですが、それでも勉強のやり方がわからないと、プログラミングに向いていないと感じてしまいます。

どうしてもプログラミングに向いていないと思っているなら、プログラミング独学【基礎】初心者が3ヶ月で覚える勉強法では、これからプログラミングを始める方向けの勉強法を説明しているので参考にして下さい。

プログラミングに向いていないと感じたら、勉強しているプログラミング言語を変更したり勉強法を見直してください。

良い教材を使うことで、効率よくプログラミングの勉強ができます。

新人プログラマーでも1年で戦力になります

未経験で入ったプログラマーでも、半年~1年くらい仕事を続けるとプログラムが理解できるようになります。

こんな彼らも、最初の頃は「自分はプログラミングが向いてないから辞めたい」と相談してきます。

  • わからない原因を分析する
  • 先輩など頼れる人に質問する
  • 人のソースを見て勉強する

最初は向いていないと言っている新人プログラマーでも、努力をすれば半年~1年で一人前になっています。

人間、挫折を味わうと「自分は向いていない」と思いますが、経験を積めば徐々に理解できるようになるので安心してください。

IT業界の現場でプログラミングをするのがスキルアップの一番の近道です。

スキルアップには経験値を積むことが一番の近道です。

僕も経験しましたが、多くのプログラマーは1年以上かけて一人前に成長します。

プログラマーになるための最短のステップ

プログラマーとして働きたいのであれば、常にプログラミングをする環境にいることがベストです。

独学でプログラミングを勉強するのも良いですが、自分で勉強して就職・転職となると効率が悪くなります。

  • プログラミングスクールを利用する
  • IT業界に転職する

プログラマーとして働きたいのであれば、プログラミングスクールかIT業界への転職が最短の選択肢になります。

ちなみに僕は未経験でIT業界に入って、1年で一人前のプログラマーになりました。

すぐに転職する気がないならプログラミングスクール

プログラマーを目指していているけど、いきなりIT業界に転職するのが不安であればプログラミングスクールを利用してみましょう。

今のプログラミングスクールはカリキュラムが充実しているので、独学よりも効率的に学習できるからです。

プログラミングスクールの金額は高いですが、プログラマーとして働けば数か月で取り戻せるのでデメリットにはなりません。

僕はいきなりIT業界に入りましたが、未経験だとかなり苦労するので、基礎を勉強する意味でも利用する価値はあると思います。

最近のプログラミングスクールは転職にも力を入れているので、現場を意識したプログラミングを勉強できます。

※プログラミングスクールで転職サポートもしていますが、希望条件にマッチした企業を探せる転職サービスを使った方がいいと思います。

IT業界に転職すればすぐに実力がつきます

IT業界に転職して実務で勉強するのが、プログラミングを習得する一番効率の良い方法です。

僕が未経験でIT業界に転職したときは、本当に何もわからず「向いていない」どころか「使えない」レッテルを貼られたこともありました。

それでも1年くらい続けたら、普通にプログラミングができるようになりました。

ただ転職のデメリットは未経験を採用しているIT企業には、ブラック企業が多いことです。

僕も最初に入ったのがブラックIT企業で、結局プログラミングが理解できてきた1年で辞めました。

転職する時にブラック企業に入りたくはなかったので、次は転職エージェントに相談しました。

今はIT企業も働き方を改善しているので、転職エージェントであれば未経験でも条件の良い企業を紹介してもらえるので利用してください。