iPhoneなどのスマホを使っていると、通信制限に悩まされることが多いですよね。

今ではギガ放題などのプランもありますが、金額が高いので安いプランで通信制限を気にしている人もたくさんいると思います。

動画を見ると、すぐに通信制限の上限になってしまいます。

こうした通信量ですが、iPhoneの場合、設定で減らすことができます。(もちろんAndroidもできます)

今回は、こうした通信制限を回避するためのiPhone版の節約術を紹介します!

Androidは別の機会に紹介しますね。

モバイルデータ通信をオフにする

まず、通信制限で見直してほしい方法に、アプリごとのモバイルデータ通信があります。

アプリのモバイル通信をオンかオフにするだけで、簡単に通信量を節約することができます。

アプリごとにオン/オフの設定ができるんだ。

オフにしたアプリはWi-Fi環境でしか使えないので、外出先などで無駄な通信を減らすことができます。

アプリごとに設定が可能なので、特に家などのWi-Fi環境以外では使わないものをオフにしておくといいですよ!。

【iPhoneの設定方法】

設定 > アプリごとに「モバイルデータ通信」をオフにすることで設定を変更できます。

漫画のアプリ多いですね!

App Storeなどは、外出先などで通信する必要ないのでオフでいいですね。

Wi-Fiアシスト機能をオフにする

これはiPhoneユーザーでも知らない人が多いと思います(私だけかな?)。

Wi-Fiアシストは、Wi-Fiの接続状況がよくないときに自動的にモバイルデータ通信に切り替える機能です。

家にいるときなど、知らずにWi-Fi環境が悪くて4Gに接続されていたことありませんか。

Wi-Fiアシストをオフにしておくと、こうした知らずに通信量が増えることを防ぐことができます。

【iPhoneの設定方法】

設定 > モバイルデータ通信 >「Wi-Fiアシスト」をオフで設定を変更できます。

家にWi-Fi環境がある時で、Wi-Fiが切れやすい場合はオフにしておくと勝手に切り替わりません。

Siriの設定をオフにする

Siriは音声などで情報を教えてくれる便利なアプリですが、使っていない人も多いのではないでしょうか。

使ってないけど、ちょっとしたボタン操作で起動してしまうので困ってます。

Siriを使っていない方はオフにしておくと通信量の節約になりますよ。

【iPhoneの設定方法】

設定 > siriと検索 >「”Hey Siri”を聞き取る」、「ホームボタンを押してSiriを表示」をオフで設定を変更できます。

Siri便利ですけど、なくても問題ないのでオフにしてもいいですね。

アプリのバックグランド更新をオフにする

スマホアプリはバックグラウンド通信をしているので、蓄積すると通信量の増加になることがあります。

知らない間に電池消費が大きいと思ったら、バックグラウンド通信していたことがありました。通信量にも影響するんですね。

使っていないアプリでも、バックグラウンド通信にしていることも多いので気をつけてください。

【iPhoneの設定方法】

設定 > 一般 > Appのバックグランド更新 >アプリごとの「バックグランド更新」をオフで設定を変更できます。

バックグラウンド通信は思っている以上に通信量使う原因になるので、不要なものはオフにしましょう。

アプリの自動更新機能をオフにする

アプリの自動更新も、外出先などで行うと通信量が増える原因となります。

アプリ数が多いのならば、自動更新をオフにして家のWi-Fi環境でアップデートするのがおすすめです。

オフにしたら、あとは何もしなくていいの?

オフにしてアップデートを忘れるとセキュリティの不具合などで問題が起こるので、アプリ側のアイコンなどにアップデートのサインが出ていたら早急に対応しましょう。

【iPhoneの設定方法】

設定 > App StoreとiTunes Store >「アップデート」をオフで設定を変更できます。

位置情報サービスをアプリごとに設定する

アプリの多くはインストール後の起動で、「位置情報サービスを許可」を求められます。

そういえば何も考えずに許可していた気がするかも。

モバイルデータ通信やGPSを使っているので、通信量が多くなり通信制限の原因になることもあります。

特に位置情報が不要なアプリは、オフにしておくことをおすすめします。

【iPhoneの設定方法】

設定 > プライバシー > アプリごとに「位置情報サービス」で設定を変更できます。

iCloud同期アプリをオフにする

iPhoneは、アプリの情報を定期的にiCloudに同期します。

アプリの数が多いと、同期が多くなり通信量が増えてしまいます。

たくさんアプリが入っているから気をつけないと。

不要なアプリの同期をオフにすることで、通信制限を回避することができますよ。

【iPhoneの設定方法】
設定 >Apple ID > iCloud > アプリごとの「同期設定」をオフで設定を変更できます。

SNSで動画を自動再生しない

SNS(LINEやインスタなど)のタイムラインには、動画つきの投稿が流れてくることがありますよね。

こうした動画は自動再生されてしまうため、通信量を消費する原因になることもあります。

Twitterの動画なんかはついつい見てしまいます。

動画の自動再生をオフにするか、家でのWi-Fi環境だけで再生するなど工夫すれば通信制限を回避することができます。

設定方法はアプリごとに違います。

【LINEの設定方法】

[設定]>[写真と動画]>[動画自動再生]から内容を変更することができます。

家にWi-Fiがあるなら、「Wi-Fiのみ」にしてもいいですね。

※設定のやり方は各アプリごとに異なります。

メールの画像読み込みをオフにする

メールマガジンを受信している人で、画像が多い場合、通信量の増加の原因になります。

メールの画像読み込みをオフにすることで、通信制限を回避することに繋がります。

オンラインショップしているから、画像付きのメルマガたくさん来ているんですよね。

ちなみに設定すると全メールが対象になりますが、開封後宛名の上の「全ての画像を読み込む」をタップすると画像が読み込まれますので心配しないでください。

【設定方法】
設定 > メール >「サーバー上の画像を読み込む」をオフで設定を変更できます。

診断/使用状況を送信しない

iPhoneのセットアップ時の設定になりますが、「診断/使用状況を送信する」という設定があります。

これ何のことかわからなかったんですよね。

これは製品の品質向上や不具合が起きた時の迅速な対応ができるように、不具合等のデータをAppleに送信する機能です。

そこまで通信制限に影響はしないものですが、この機能をオフにすると通信量を節約することが少しできます。

【設定方法】

設定 > プライバシー > 解析 > 「iPhone解析を共有」をオフで設定を変更できます。

動画アプリの再生設定を変更する

最近では、YouTubeなどで高画質動画が普通になりました。

アプリ側の設定は特に変えていないけど、通信量に関係するんですか。

こうした動画の視聴も、通信量を消費する大きな原因の一つになります。

動画の通信制限対策は、Wi-Fi接続時以外は低画質モードにする方法になります。

【YouTubeの設定】

アカウントのアイコンをタップ > 設定 > 「Wi-Fiの時のみHD再生」をオンで設定を変更できます。

※各アプリごとに異なります。

ブラウザを変更する

iPhoneの初期ブラウザでもある「Safari」ですが、通信量を考えると他のブラウザに変更したほうがいいでしょう。

現時点でおすすめはグーグルの「Chrome」で、最大40%も削減できるデータもありました。

こうした情報はとても参考になりますね。

iPhoneの通信量を見直せば安いプランに移行もできる

iPhoneに限らずですが、スマートフォンは意外と知らない間に通信量が増えていることがあります。

こうした知識があれば、通信量を減らすことに繋がります。

また通信量の多いアプリ使用やインストール関係は、家のWi-Fi環境で行ったりすると通信制限を回避できると思います。

家にWi-Fi環境がない場合は、WiMAXなどのモバイルWi-Fiとの併用も検討してみても良いかもしれません。

[iphone]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です