転職成功とは何だろう?求職者に知ってほしい転職成功の本当の意味

求職者にとっては転職とは、その後の人生に大きな影響を与えることになる人生におけるターニングポイントでもあります。

転職活動をするということは、非日常的なことであり、多くの求職者は人生において数回の転職しか経験を持つことはありません。

万が一、自分はもうベテランだと言う求職者がいたら、今からでも良いので転職はしない方が良いです。

転職という行動は、確かにあらゆる面で便利なのですが、一方では、転職回数が多くなるリスクもあり、転職回数が多いと経歴の傷になることになり、採用する側である企業にとっては採用対象外になります。

このように転職には良い面と悪い面があるのですが、そもそもとして求職者にとって転職とは何でしょうか?

また、本当の意味での転職成功とは何を言うのでしょう。

今回は、このあたりについてお話をして、転職活動、転職は特別なものであるということを伝えていきます。

スポンサーリンク

転職成功とは?

求職者のあるあるとして、転職が決まると、喜びいっぱいでその先にある転職先での自分の姿は考えないということがあります。

転職活動は、求職者が自由にできることである一方、転職活動をしたからと言っても必ず転職できる保証はどこにもありませんし、いつ転職が決まるかも全く分かりません。

転職市場には求人があり、求人が多ければそれだけ転職しやすい状況になり、いつ決まるのか?必ず決まるのか?という疑問をある程度は解決してくれますが、あくまで、ある程度の範囲で転職活動には絶対がありません。

どれだけ優秀な求職者でも、転職市場で採用活動を行う企業から評価されないようであれば、いつまで経っても転職することはできないのです。

このような不安や不確定要素が多い、転職活動ですから、転職が決まると喜びいっぱいになる気持ちは分かります。

現職との同時並行で転職活動をして、その間は、自分がやりたいことも我慢したり、寝る時間を減らして書類を作成したりと、このような環境から脱出できたという解放された気持ちにもなるでしょう。

ただ、喜ぶのはまだ早い!

転職活動とは、転職するための手段で、転職とは、転職先で求職者が長期的に自分らしい姿で働き、大きな成果を出すための手段に過ぎません。

少しかっこいい言葉で言うならば、転職は手段であり、目的やゴールではないということです。

この違いを理解できますか?

転職を目的やゴールにしてしまうと、その先はありません。

しかし、現実的には、必ず転職の後には転職先で働く自分がいます。

転職を目的やゴールにしてしまうと、中長期的なスパンで転職を考えることができませんから、転職後に求職者が困ります。

転職は一瞬、転職後は一生

転職市場では良く言われる言葉ですが、『転職は一瞬、転職後は一生』という表現があります。

この言葉ズバリになりますが、人生で考えると、どれだけ転職活動で苦戦しても長期化しても、その期間は短いです。

転職先に転職後、定年まで働き続けるとした場合は、転職後の方が圧倒的に長いのです。

求職者は、一瞬である転職と、一生の転職後のどちらを中心に考えて転職活動をしますか?

どちらを優先的に考えて転職活動をするべきでしょうか?

答えは転職後です。

特に年齢が若い求職者には多いのですが、『今の会社が嫌だから、すぐに転職したい』ということで、転職活動初期に設計した転職活動の方向性や転職条件を簡単に変更して、内定が出た企業にとりあえず転職しようとします。

この考えは、転職後のことよりも転職だけを考えていることになりますので、転職先で苦労することが多いですし、その時の転職を後々、後悔することもあり得ることです。

転職すると、転職前である前職に戻ることはほぼ不可能です。

また、転職した場合は、その転職活動中に出会った求人に転職することもできません。

転職とは、その1社だけにしか通じないことで、現職含めて、その他のすべての企業を捨てるということになります。

そう何度もすることではない転職を簡単に決めてしまっても大丈夫でしょうか。

転職してみて、やっぱり前職の方が良かった、転職活動中に出会った他の求人の方が自分に合っていたと思っても、後戻りすることは絶対にできません。

転職とは重い決断が必要であることを求職者は認識しなければなりませんし、転職後の方が人生で考えると重要で、期間としての長いのです。

転職後の自分をイメージしよう

転職後の自分をイメージしながら、今の転職活動をしましょう。

内定が出た時の自分の姿も含めて転職後に入れてください。

求人と出会ったら、その求人の中身を良く読んでください。

そこに記載されてある条件や環境で求職者は転職後に働くことになるのです。

順調に選考が進み、面接を受けた場合も、ただ面接を通過するためだけを目的に面接を受けるのではなく、面接官の態度や発言にも意識を高めてください。

転職後は、面接官がいる企業で働くことになりますし、面接官は、転職後の自分の上司や同僚になることが多いです。

面接は自分が見られているという感じを持ち、面接官をじっくり観察する余裕はないと言う求職者もいますが、それでは求職者のプロとは言えませんし、転職後のイメージを持って転職活動をしているとも言えません。

緊張があるなかでも、転職先の自分を考えれば、自然に面接官をじっくり見ようとなるでしょう。

求職者には、面接は自分が評価される側ということで精神的にいっぱいになり、緊張が増し、思い通りの自分を出すことができず見送りになる人も多くいます。

このような求職者は特に転職後の自分をイメージしておくことが大事で、イメージを持つと自然に面接官を見ようとし、見ようとすると感覚的に意識が緊張よりも見ようとする方向に向きますので、結果的に緊張度を和らげる効果があります。

本来の目的とは違いますが、転職後の自分をイメージしながら面接を受けると二次的なメリットも求職者にはあります。

自分一人で転職活動をしないことは鉄則

そうは言っても、転職活動は不安が大きくいつ転職できるか分からず、転職が決まったときは喜びたいという求職者もいます。

喜ぶことは良いことですが、ここで言いたいことは転職先のことを考えたなかで喜んでほしいということです。

転職活動の初期段階では、転職先のことを考えて慎重に求人を選んだりするのですが、転職活動に慣れてきたり、思うように転職活動が進んでいかないと求職者は、転職後のイメージよりも、転職のことだけを考えるようになります。

本当の転職成功とは、転職後に自分が活躍できることですから、求職者のなかで自分には転職活動中にそのことを考えることは難しいと思うのであれば、自分ひとりでは転職活動はしないことです。

自分ひとりで転職活動をしないということは自分以外の第三者が自分の転職活動に協力する必要があるのですが、転職後のイメージを考えて転職活動をする場合、最高の協力者がいます。

それは転職エージェントです。

転職エージェントは、求職者の転職活動を転職支援のプロとして無料で支援してくれるだけではなく、転職活動に関することについて叱咤激励してくれる存在にもなります。

転職エージェントは転職支援のプロであり、多くの求職者の転職支援を成功させています。

その分、さまざまなタイプの求職者を知っていますから、求職者に的確なアドバイスをすることもできます。

転職後のイメージを忘れてしまいそうなときに、キャリアアドバイザーからアドバイスしてもらうことで、忘れそうなことを思い出すこともできますし、転職活動に弱気になって転職することを目的やゴールにしてしまう自分を奮い立たせることもできるでしょう。

転職市場は、転職エージェントのほかに転職サイトやハローワークなどいくつか転職方法はありますが、転職エージェント以外の場合は、自分ひとりで転職活動をしなければなりませんので、本当の意味での転職成功をイメージした状態で転職活動をするには環境として適していません。

ハローワークには一応、担当者がつきますが、転職支援のプロではないですし、国が運営する機関の人になりますから、求職者の転職に関して興味を持って対応してくれる可能性は低いです。

転職エージェントは事業として転職支援をしていますから、事業として行う以上、責任があるのです。

責任があるなかでの転職支援と責任があまりない転職支援では同じことでも全然、内容が違います。

家族の存在を忘れてはいけない

求職者には、大切な家族はいますか?

何か特別な事情がある場合を除き、多くの求職者には家族がいるでしょう。

独身の場合でも、両親がいるでしょうし、既婚者の場合は、配偶者や子供がいるでしょう。

仕事をするということは、その方々の生活を支えるということになります。

夫婦共働き世帯であっても、共働きで生計を維持しているでしょうから、求職者本人が仕事でつまずいては、家族全員の生活を保障することができないということです。

転職は確かに求職者個人が行うことではありますが、個人である自分の背中には背負う存在がいるということを忘れはいけません。

家族の存在を考えれば、転職を目的やゴールにしてしまう浅い転職をしようと思いますか?

浅い転職には、転職後にリスクを持ちます。

転職はできて、家族とともに喜ぶ、転職先で働きだし、自分が思うように仕事をすることができず、暗い表情で毎日帰宅すると家族はどんな思いをするでしょう。

転職で喜んだあの一瞬はどこに行ったのか?

転職だけを考えて転職を決めてしまうと、転職後にそのしわ寄せがありますし、浅い転職は、深い転職よりも簡単に決まりますが、苦労なく転職した分、転職後は苦労することになります。

転職関係に限らず、苦労は先にしておいた方がその後は楽です。

どれだけうまくいかない転職活動でも、逃げる意味が含まれた浅い転職をしてはいけないのです。

年齢が若い求職者には浅い転職の傾向があるということをお話しましたが、年齢が若い求職者は、第二新卒に該当します。

第二新卒と悪い意味で相性が良い企業はどのような企業は知っていますか?

ブラック企業です。

ブラック企業とは、求職者にとっては絶対に転職してはいけない企業です。

ブラック企業の選考内容は浅く、基準も低いため、それまで苦戦した転職活動がウソのように簡単に転職することができてしまいます。

先程の転職活動中は苦労しない、転職後は苦労すると同じことが言えます。

簡単な選考には転職後に厳しい環境が待っています。

簡単に転職を決めた先にブラック企業があり、ブラック企業に転職をすると、確実と言い切ることができるぐらい早期に退職してしまいます。

生活のためには仕事をしなければなりませんから、退職にはまた転職活動をしますが、ブラック企業であっても、求職者にとって経験企業であることは変わりませんから、経歴の一つになってしまいます。

基本的にどのような企業に転職退職しても、次の転職活動で選考を受ける企業からすると、我慢できない人材という評価になり、採用を積極的に行うことはありません。

今の転職活動で10年先の自分を考える

中長期的な視点は、長ければ良いということはないので、10年ぐらい先の自分の ビジネスマンとしての姿をゴールとして考えてそのゴールのために、今の転職活動ではどのような企業に転職するべきかをじっくり考えて判断しましょう。

企業の面接を受けて、確信までは持てない感想を持った場合、自分ひとりでは決断まで至らないでしょう。

そのようなとき、先程もご紹介した転職エージェントを利用することでプロの視点、客観的な視点でアドバイスを受けることができます。

本当の転職成功とは、自分含めた家族全員が転職、転職後の自分により喜ぶことです。

転職というその一瞬だけで家族が喜んでも意味はありません。

長い期間、その時の転職が理由で家族全員がハッピーな思いになり幸せな生活を営むことができることことが、転職成功です。

転職決定が転職成功とはき違えている求職者がいますが、今回の話を転職活動中に思い出すなりして頂き、浅い転職だけは絶対にしないでください。

浅い転職になりそうな予感があったら、転職エージェントを利用して本当の転職成功ができる転職活動環境を構築してください。

転職は、求職者全員がハッピーでなければなりませんし、求職者の家族全員もハッピーでなえれば、意味はないのです。

スポンサーリンク
カテゴリー:
関連記事