2段階の転職活動で自分のマーケットバリューを知って判断!

転職活動とは、先が読めない不透明な要素が多く、どのような求職者であっても不安が大きい行動です。

そのため、転職活動は、できれば計画的にことを進めるべきことであるのですが、多くの求職者は、現職に対して何らかの不満や不安が出てから転職活動を始めるということで、あまり計画的な要素はありません。

転職とは、人生にも大きな影響力を持つ重要で大事な行動であることを今一度、理解して計画的な転職活動をオススメします。

今回は、計画的な転職活動、転職を行うために、2段階の転職活動でより良い転職となるような情報をご紹介します。

スポンサーリンク

転職とは企業が評価すること

求職者は、自分の今までの経験や実績に対してどのような自己評価をしていますか?

なかには自身がないという求職者もいるでしょうが、強気に自分の経歴なら転職できるという高い自己評価を下している求職者もいます。

特に後者のタイプは危険です。

転職市場の構造は、求職者が企業を評価するというよりも、企業が求職者を評価するということの方が強いため、自分が転職市場で価値ある人材かどうかは転職活動をして企業の選考を受けてみなければ、本当のマーケットバリューを知ることはできません。

自分の経歴が一定以上の評価をされているということは、マーケットバリューが高いということで、それだけ内定を勝ち取る機会も多いはずです。

逆になかなか内定が出ないという場合は、マーケットバリューが低いと思わざる得ないですから、自分の転職市場における価値について、再考する必要があります。

転職市場の原則的な構造を理解することがまず大事になるのですが、自分の経歴は現時点での転職活動中に、飛躍的に上がるということはありません。

なぜならば、経歴とは現在や未来に関することではなく、変えることができない過去の自分のことであるからです。

経歴を変えることはできませんが、自分の価値を引き上げることができるのです。

転職市場の状況を調べる

求職者が転職するためには、自分が転職したいと強く望むだけでは絶対だけでは不可能です。

理由は、先述の通り、求職者を企業が評価して合格、不合格が決まるからです。

経歴を変えることができないならば、転職市場を見極める力が必要です。

求職者が転職するためには、企業からの評価はもちろんこと、それよりももっと大事なことは転職市場に求人があるということです。

求人があれば、それだけ、求職者にとっては、応募することができる数が多くなりますし、確率論として、100社応募した場合と1社しか応募できない場合では当然、100社応募した方が内定を勝ち取る確率が高いのです。

つまり、自分が転職活動をするときに、転職市場にいかに求人が多いかどうかということが、転職活動の生命線とも言えることです。

転職市場に求人が多い状況を、売り手市場と言います。

逆に求人が少ない状況を買い手市場と言います。

買い手市場は、求職者からすると最悪な状況で、多くの企業は採用活動を行わず、その分、転職市場に求人が少ないということで、求職者は求人を集めることはもちろんですが、応募できる求人数が少ないため、選択の自由が制限されます。

この背景から、求職者は自分が転職活動を決意したタイミングの転職市場が売り手市場であることが最高の状態になるのです。

売り手市場をどのように見極めるかと言いますと、日本経済の動向をキャッチアップすることです。

転職市場は、企業が関わる分、会社業績が好調であれば、その分、事業拡大、人員拡大ということで、経営や事業の計画に合わせて即戦力人材獲得のために、中途採用を行います。

採用活動を行う企業は、外的要因とも言える日本経済の景気に左右されることが多く、日本経済が好調であれば、多くの企業はそれに比例して業績を拡大することができますし、日本経済が逆に不調であれば、多くの企業は業績を低下させるということになります。

日本経済の動向を知るポイントは、日経平均株価です。

毎日、株価は変動し、この株価の変動を一定期間ごとに知ることです。

そうするとグラフで可視的に株価の動きが分かります。

株価が上昇し続けるタイミングでは日本経済は好調であるため、多くの企業は業績拡大のために中途採用を行います。

では、今はどうかという話になりますが、今は最高の状態です。

2020年の東京オリンピック誘致により日本経済が上向きで、かつ、企業の業績が拡大傾向にあります。

転職活動をするならば、今だと言えるでしょう。

売り手市場が起こす求職者のメリット

売り手市場になると、転職市場に求人が豊富にあり求職者は転職活動を有利に進めることができるのですが、逆に採用する企業視点で考えると、売り手市場になると、求人を公開しても、なかなか母集団形成をつくることができず採用に苦戦する状態です。

転職市場における求職者のマーケットバリューは、売り手市場であるかどうかにより、変えることができない過去となる同じ経歴でも変わるのです。

売り手市場の場合、企業が採用に苦戦するということで、買い手市場よりも、求人の募集要項の内容が薄くなります。

また、選考基準に関しても同様で、本来、評価すべき企業ですが、そう簡単に採用することができないため、採用することを最優先に考えて選考基準を引き下げる対策を取ります。

企業が求人の内容や選考基準を下げるということは、それだけ求職者からすると応募できる求人が増える、内定を勝ち取ることができるということになります。

本来ならば、転職市場では苦戦することが予想される経歴を持つ求職者であっても、売り手市場の影響により企業が募集要項の変更、選考基準の引き下げにより、苦戦することのない立場に変えることができるのです。

転職エージェントを使って事前準備が理想的

今の転職市場ではいくつかの転職方法がありますが転職エージェントを利用することがベストです。

ベストである理由は、求人紹介などの転職活動を転職エージェントの転職支援を受けることで、大半の工程を自力で行う必要がなくなるなどが理由になっていますが、今回はまた違う視点で転職エージェントを利用することをオススメします。

現職に退職するまでではない不満や不安が出たときに、その不満や不安を置き去りにするのではなく、自分の将来を予見して、転職活動を目的にするのではなく、情報収集を目的として転職エージェントに登録してください。

情報収集が目的ですから、当然、情報量が豊富な転職エージェントに登録すべきなのですが、
日本には1000社以上の転職エージェントが存在するのですが、やはり、情報収集という点では、小規模の転職エージェントよりも大手の転職エージェントが良いです。

大手の転職エージェントには、多くの求人がありますし、その分、多くの企業との取引があります。

また、求人の数に比例して、転職支援実績や採用支援実績も豊富にありますから、情報収集としては大手の転職エージェントでしょう。

大手の転職エージェントは、日本に数社しかありませんが、なかでもリクルートキャリアが良いです。

リクルートキャリアは、日本で最も転職支援実績や採用支援実績があり、求人の数でもリクルートキャリア以上に保有している転職エージェントはないです。

リクルートキャリアを使って転職前の準備をする

今回は、リクルートキャリアをオススメしますので、リクルートキャリアで話を進めますが、求職者のなかには、他の大手の転職エージェントを考えたいという人もいるでしょう。

その場合は、リクルートキャリアでなくても良いので、誤解のないようにして頂きたいことは、リクルートキャリアを推しているということではないことはご理解ください。

リクルートキャリアに登録する際に、自分の履歴書や職務経歴書を提出する必要があります。

まだ転職する気はないということで、求職者は手間に感じるかもしれませんが、少しの不満や不安はいずれ大きくなり転職活動をするきっかけのなり、そうすると、いずれにしてもリクルートキャリアを利用することになりますから、将来的な転職活動のためにもしっかりと準備して提出するようにしてください。

登録すると面談があります。

自分の転職活動を直接支援するキャリアアドバイザーが担当になるのですが、面談では、円力することなく、今現時点では積極的に転職活動をする気はなく、今回の登録では将来的な転職活動を想定して、情報収集を目的にしている旨を伝えてください。

自分が転職活動をすると、転職市場ではどのようなマーケットバリューを持つ人材になるのか、また、転職市場の動向は売り手市場か買い手市場かという点を転職市場で日ごろ仕事をしているプロであるキャリアアドバイザーからプロのアドバイスをもらってください。

情報収集を目的にした転職活動で、自分が思う以上にいけると感じた場合、かつ、キャリアアドバイザーから紹介された求人に特に自分が転職したいと考えている条件に合致する求人があれば、そのまま転職活動を本格的に進めても良いでしょう。

実際に企業の選考を受ける

キャリアアドバイザーからのアドバイスはもちろん、かなりの参考情報になり、転職市場における自分の経歴がどのような価値を持つのかを知ることはできるのですが、より細分化した情報を知るという意味では、実際に企業の選考を受けることが良いです。

自分の経験を活かせる、自分が本格的に転職活動をしたらこんな企業に応募したいという想定となる求人があったら、トライアルとして企業の選考に進んでください。

選考の結果、内定が出ても、今は現職に転職するまでの不満や不安がないのであれば、辞退すれば良いだけのことです。

細分化した情報は、やはり企業の選考を直接受けてみなければ分かりません。

企業の選考を受けることで、企業がどのような書類選考を行うのか、また、面接はどのような形で進み、どのような質問を受けることになるのかを情報収集を目的にした転職活動の段階で知ることができれば、将来、本格的に転職活動を行うときに事前準備の情報として役立てることができます。

情報収集の結果で自分のやるべきことが明確になる

情報収集により得た結果、今の経歴でも十分に転職できると知った場合は良いのですが、逆に、今の経歴では転職することが難しいと分かった場合は、将来的なことを考えればラッキーです。

何も知らずに転職活動をして、転職活動が長期化したりすると必要以上にメンタル的なダメージが大きくなりますから、転職活動そのものに影響しますし、また、転職活動中には自分の経歴を飛躍的に向上させることは不可能です。

将来の転職活動に備えて、転職するためには、自分に何が不足しているのかを実際に選考を受けたことで知ることができます。

また、採用する企業がどのようなことを求めているかも知ることができますので、転職を想定して、現職の仕事に取り組むことができます。

全く分からないなかで、経歴を積む仕事よりも転職のために仕事をしてキャリアを積むということはピンポイントであり、かなり意味のあることです。

2段階の転職活動はビジネスマンとしてのキャリア形成にも役立つこと

現職に不満や不安があるから転職するために転職活動をするということも、間違ってはいませんが、より転職の質を上げるために、また、転職をきっかけとした自分のその後のビジネスマンとしてのキャリアを形成するために、今回ご紹介している2段階の転職活動が良いです。

スポーツで言うとボクシングが分かりやすいのですが、ボクサーが相手を倒すために、いきなり勝負パンチである得意技を繰り出すのではなく、まずは、様子を伺う意味で、ジャブから勝負パンチに繋げることが普通です。

これと全く同じことが転職活動にも言えて、ジャブとなる情報収集を目的とした転職活動で、今の自分のマーケットバリューを知り、転職市場の動向を知り、その情報取集の結果を踏まえて、次に本格的に転職活動をするときに役立て、自分が希望する転職活動内容や転職結果に繋げるということです。

2段階の転職活動をすると、本格的な転職活動の転職条件も考える余裕がありますから、より先のことを考えて決めることができるので、求職者にとっては意味があります。

2段階は確かに面倒なところもありますが、転職は将来を決めることでもあるということを理解して、2段階での転職活動で、自分のマーケットバリューなどを知ることが必要です。

スポンサーリンク
カテゴリー:
関連記事