転職エージェント利用は転職成功の近道・・・が、デメリットもある

転職エージェントを利用することは今の転職活動においては必須となっており、求職者の方にとっては利用メリットの方が圧倒的に多いのですが、しかし、その逆で、転職エージェントを利用するにあたり、デメリットになる場合もあります。

今回は、転職エージェントを利用する場合、気を付けて欲しいと意味で『転職エージェントの利用デメリット』についてご紹介します。

最大のデメリット・・・ごり押し

まず、はじめに転職エージェントを利用するにあたり、最大のデメリットとなる、『転職エージェントのごり押し』から今回の話を起こしていきます。

『ごり押し』という言葉を聞いたことはありますか?

簡単に言うと、転職エージェントが自社の利益を最優先に考えて、かつ、求職者の方を自社の商品と捉え、求職者の方が転職したくもない求人企業へ『転職させる』方法を言います。

転職エージェントは民間の企業ですので、企業や事業を存続させるためには、利益が必要です。

しかし、転職エージェントによっては、求人紹介やその他選考途中、または内定時に求職者の方が拒否しているにも関わらず、言葉巧みにその求人企業へ応募させたり転職させたりします。

なかには、明らかにごり押しと分かるストレートな言い方で転職を勧める転職エージェントもありますが、転職エージェントは人材業界の一つであり、人材業界は営業力が強い業界でもあり、営業トークを使い、表面上はごり押しには感じないごり押しトークをしてきます。

ごり押しに屈してしまうと、転職自体が失敗になることはもちろんですが、転職は人生の大きな分岐点であすので、その後の人生設計にも悪影響を及ぼすことに繋がります。

求人紹介のタイミングで意思表示を明確に

ごり押しを受ける場合、気の弱い人はそのごり押しに負けてしまう可能性がありますし、転職エージェントは、利益に近づくとそのごり押し度合は一層増します。

そこで、求人紹介のタイミングが対応策の機会です。

先程の通り転職エージェントは利益に近づくにつれてごり押し度合を増してきますので、逆を言えば求人紹介のタイミングは転職エージェントからすると最も利益から遠いフェーズですから、ここでしっかりと求人を選別してください。

これをすることで、ごり押しをかわすことが可能です。

自己分析から転職軸を明確に

すべての求職者の方に共通して使える対応策が転職軸を明確にすることです。

自己分析とは、転職活動においては基盤となる工程であり、自己分析により自分を客観的に深く知ることができ、自己分析結果から転職希望を決めることが可能になります。

自己分析を怠ると、直近の業界や職種への憧れが強くなり、転職で後悔するということも良くあります。

自己分析をすると明確な転職軸ができますので、求人紹介のスクリーニングはもちろん、自分の面接練習と考えて選考に進んだ企業から内定が出ても転職エージェントからごり押しされても断固拒否することができます。

逆に自己分析をしなければ、内定が出た企業を断る理由が浅くなりますので、転職エージェントのごり押しに負けてしまう可能性も出てきます。

求人の重複で時間の無駄が多い

企業の採用活動を知れば、ご理解ご納得頂けると思いますが、企業は中途採用で企業の経営や事業を成長させるために即戦力人材を基本的に考えています。

企業からすると中途採用の遅れは事業の遅れとなり経営インパクトが大きくなります。

そのため、企業は1社の転職エージェントだけに絞って採用活動を行うということはあまりなく、多くの企業は求人を一斉に複数の転職エージェントに依頼し採用活動の早期解決を考えます。

企業が複数の転職エージェントに同時に同じ求人を依頼するということは、転職エージェントを利用する求職者の方からすると、自分も複数の転職エージェントを同時に利用している場合、異なる転職エージェントから同じ求人を紹介されることがあるということです。

『この求人、他の転職エージェントも見た』ということが増えれば、それだけ時間のロスになります。

時間のロスというデメリットの可能性を軽減するために、転職エージェントを同時に複数利用する場合の鉄則があります。

大手の転職エージェントを同時に2社以上利用しないということです。

転職エージェントの同時利用は今時、当たり前のことですが、同じ性格を持つ転職エージェントを複数利用しても求人重複率が高くなるだけであまり意味がありません。

そこで、推奨したい転職エージェントの同時利用の方法は、大手の転職エージェントを1社、中小規模の転職エージェントを1社、自分が希望する業界や職種に強みを持つ特化型の転職エージェントを1社の合計3社です。

それぞれに性格が異なりますので求人の重複はかなり少なくなります。

キャリアアドバイザーが使えない

キャリアアドバイザーとは転職活動を行う求職者の方からすると最も身近な存在で頼りにするべき対象です。

本来、キャリアアドバイザーは転職支援を行い求職者の方の転職を近づけることが役割になるのですが、キャリアアドバイザーのレベルが低いと全くの真逆になり、転職活動がストレスになることがあります。

傾向的には大手の転職エージェントにあるのですが、大手の転職エージェントは、キャリアアドバイザーの年齢層が20代前半から50代、60代と多岐に渡り、20代のキャリアアドバイザーの場合は、年齢的にも転職支援の実績が浅く、転職に関する情報が不十分です。

この不十分さを補うために社内研修などが充実していれば良いのですが、大手にはそのような仕組みはありません。

大手の転職エージェントの特徴は規模の大きさを武器に多くの求人を持ち、数で勝負するスタイルです。

キャリアアドバイザーは求人の紹介はもちろんありますが、大事なことは求人の詳細説明や紹介後の転職支援です。

20代で経験が浅いキャリアアドバイザーが担当になると自分が希望する業界や職種、または労務的な話に関して自分の方が詳しいということでデメリットになることがあります。

この場合の対策としては、キャリアアドバイザーは担当変更を自由に行うことができますので、少しでもキャリアアドバイザーに対して『?』と思ったら担当変更を遠慮なくしてください。

そのキャリアアドバイザーとは人生で一生会わない可能性の方が高いですから、自分にとってデメリットになっているキャリアアドバイザーに付き合っている必要はありません。

キャリアアドバイザーがコロコロ変わる

先程の通り転職エージェントは人材業界の一つで、人材業界はハードワークで人材の離職率が高いです。

転職エージェントも例外なくその通りで、求職者の方からすると、登録面談などで自分の希望条件など細かい依頼をしていても、数日、数週間後にはキャリアアドバイザーが変更になるということも珍しくありません。

その場合、転職エージェントは自社の体裁上、『転勤』や『部署異動』と理由を求職者の方に話しますが、その理由は大半が嘘です。

せっかく時間をかけて希望詳細を伝えても、ろくな引継もなく変更になりますので、後任のキャリアアドバイザーにまた説明し直すということがあります。

その場合、遠慮なくクレームを入れて自分のキャリアアドバイザーが変更しない圧力を転職エージェント側に掛けても問題ありません。

まとめ

冒頭でご紹介したように転職エージェントはメリットの方が多いのですが、使い方やキャリアアドバイザー次第でデメリットになることもあります。

このあたりのことを踏まえた上でデメリットがないように転職エージェントを利用して転職活動を成功させてください。

スポンサーリンク
カテゴリー:
関連記事